お知らせ

  • お知らせ
  • 更新情報
202101/01

【お年玉】あけましておめでとうございます【プレゼント】

あけましておめでとうございます

旧年中は格別のご厚情を賜り心より厚く御礼申し上げます

皆様のご健勝を祈念しますとともに本年も一層のお引き立てを賜りますよう宜しくお願い申し上げます 

株式会社コロナ社 社員一同


お年玉プレゼントキャンペーン

新年を記念して,コロナ社ウェブサイト会員の皆様へお年玉プレゼントキャンペーンを開催いたします。

下記のすべての条件に該当する方を対象に抽選を行い,15名様に図書カード(1000円分)をプレゼントいたします!!


【当選対象条件】

2021年1月31日時点で下記をすべて満たしている方を対象に抽選を行います。

・コロナ社ウェブサイト会員
 (新規会員登録はこちら。いまからのご登録・ご購入でも間に合います)
・会員登録情報の「書籍案内など各種お知らせ等の受取を希望しますか?」の項目を「はい」にしていただいている方
・会員ログイン状態で購入履歴がある方(マイページの購入履歴で1点でも履歴が登録されている方)


当選者には2021年2月以降,ご登録のメールアドレス宛にご連絡いたします。

当選メールへのご返信をもって賞品を発送いたします。

ご当選されてもメールが届かない場合には無効となってしまいますので,この機会に今一度お確かめください。

202012/17

弊社年末年始休業のお知らせ

12月30日~1月5日は誠に勝手ながら、一斉休業とさせて頂きます。

当HPよりご注文いただいた商品の出荷は以下のようになります。

『書店受け取り』

・・・12月24日15:00以降のご注文分は7日以降の出荷,それ以前のご注文分は25日までに出荷致します。


『コンビニ先払い』『クレジットカード決済』『銀行振り込み』『代引き(ブックサービス)』

・・・12月29日13:00までにお支払済のご注文分(代引きはご注文申し込み分)は29日までに出荷,購入のお申込みをされていても,12月26日13:00までにお支払の確認ができない場合は6日以降の出荷となります。


また,ご住所やメールアドレスなど,ご入力の情報に何らかの不備がある場合も6日以降の出荷となります。

ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

202012/11

2020年度計測自動制御学会 学会賞(著述賞)受賞

2020年度計自動制御学会 学会賞が発表され,弊社発行の下記書籍が著述賞を受賞いたしました(受賞日:2020年10月30日)。

「計測と制御 Vol.60 No.1(2021年1月号)」へ受賞情報が掲載の予定です。


実習で学ぶ モデルベース開発-『モデル』を共通言語とするV字開発プロセス-

(発行年月日:2018/6/8)
山本 透(編著)
脇谷 伸,原田 靖裕,香川 直己,足立 智彦,沖 俊任,原田 真悟(著)

【内容梗概】近年,自動車業界を中心として製品設計にシミュレーションモデルを積極的に用いるモデルベース開発(MBD)が盛んに行われている。本書は,HILシミュレータなどもWebで提供し初めての人でもMBDを独習できるようにした。


基礎からわかる 自動車エンジンのモデルベースト制御
(発行年月日:2019/2/25)
金子 成彦(監修),山﨑 由大(編著)
大森 浩充,平田 光男,水本 郁朗,一柳 満久,松永 彰生,神田 智博(著)

【内容梗概】本書ではエンジンの制御モデルの構築手法から,そのモデルを利用した制御システムの構築手法を解説しており,モデルベースト制御の基本形が構築できるようになることを目指している。実エンジンへの適用事例も紹介している。


その他の学会各賞の受賞は下記よりご覧いただけます。

■計測自動制御学会Webサイト「2020年度計測自動制御学会 学会賞等の贈呈

202011/30

【書籍出版記念】エンジニアの悩みを解決 パワーエレクトロニクス Web特別講演のおしらせ

セミナー名:【書籍出版記念】エンジニアの悩みを解決 パワーエレクトロニクス Web特別講演
      - パワーデバイスを使いこなす設計・計測・自動車への展開 -

開催日時:2021年1月12日(火) 9:00~17:00 および 1月13日(水) 9:00~17:00

開催場所:Webex(Cisco社)を利用したネット配信講座
     岩崎通信機株式会社 研修室をメイン会場として、各講師の開発・研究室よりライブ配信

開催概要:パワーエレクトロニクスの生産・設計・研究開発エンジニアを対象とした書籍出版を記念して、Web特別講演を2021年1月12日、13日の2日間にわたって実施します。幅広く活用いただけるように、電気自動車に使われているパワーデバイス、インバータシステム、受動部品(リアクトル、キャパシタ、抵抗)、そしてスイッチング計測の勘所を紹介いたします。

対象者 :・パワエレ機器、パワーデバイスや受動部品などの研究開発、設計、生産エンジニア
     ・大学、高等専門学校、公的機関の研究開発者および学生

詳  細:株式会社パワエレアカデミー様ホームページ

     セミナー申し込みページ URL


「エンジニアの悩みを解決パワーエレクトロニクス
- パワーデバイスを使いこなす設計・計測・自動車への展開 -」

これまで専門分野が異なるため系統的な説明がなされてこなかったパワーデバイスと回路をつなぐ技術を中心に,パワエレ技術が集結する電気自動車,個人の持つノウハウに任されがちな測定技術等,パワエレに関する応用技術を解説する。

新刊