臨床工学技士のための 電気工学

臨床工学技士のための 電気工学

臨床工学技士国家試験と第2種ME技術実力検定試験に出る電気工学分野の問題を解くために特化した内容となっている。

ジャンル
発行年月日
2014/03/17
判型
A5
ページ数
224ページ
ISBN
978-4-339-07236-5
臨床工学技士のための 電気工学
在庫あり

定価

3,300(本体3,000円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は臨床工学技士国家試験と第2種ME技術実力検定試験に出る電気工学分野の問題を解くために特化した内容となっている。付録として二つの試験の過去問と選択形式ならではの解答のテクニックを習得できるような解説をした。

1. 直流回路
1.1 電気素子の記号 
1.2 オームの法則 
1.3 抵抗の接続 
1.4 電流計・電圧計 
1.4.1 原理 
1.4.2 記号とつなぎ方 
1.5 入力インピーダンス・出力インピーダンス 
1.6 ホイートストンブリッジ 
1.7 キルヒホッフの法則 
1.8 電力 
1.9 抵抗率・導電率 
本章のまとめ 

2. 交流回路
2.1 振幅,周期,周波数,実効値,位相 
2.2 交流を表す数式 
2.3 コイルとコンデンサ 
2.3.1 コイル 
2.3.2 コンデンサ 
2.4  RLC直列回路
2.4.1 インピーダンス 
2.4.2 共振 
2.5 交流回路の計算 
2.6  RLC並列回路
2.7  フィルタ
2.8 過渡現象 
2.9 ダイオード 
2.9.1 ダイオードの働き 
2.9.2 ダイオードまわりの電圧 
2.9.3 実物のダイオード 
2.9.4 ダイオードの種類 
本章のまとめ 

3. 電磁気学
3.1 電荷 
3.2 電場 
3.3 電位 
3.4 コンデンサの性質 
3.4.1 静電容量 
3.4.2 コンデンサの接続 
3.4.3 コンデンサのエネルギー 
3.5 磁気関係の言葉 
3.6 電流による磁場 
3.7 電流,磁場,力 
3.8 電磁誘導 
3.8.1 電磁誘導 
3.8.2 トランス(変圧器) 
3.8.3 インダクタンス 
3.9 その他 
3.9.1 静電界中の導体 
3.9.2 電気力線 
3.9.3 渦電流 
3.9.4 単位 
本章のまとめ 

付録
 A. 第2種ME技術実力検定試験 
  A.1 問題(電気回路抜粋) 
  A.2 解答・解説 
 B. 臨床工学技士国家試験 
  B.1 問題(電気回路抜粋) 
  B.2 解答・解説 
索引 

三田村 好矩(ミタムラ ヨシノリ)

新社会人向け書籍・新入生向け書籍