シリアスゲーム

メディアテクノロジーシリーズ 5

シリアスゲーム

シリアスゲームの入門的内容から具体的な開発方法,導入時の論点まで事例を交えて解説

ジャンル
発行年月日
2024/03/18
判型
A5
ページ数
236ページ
ISBN
978-4-339-01375-7
シリアスゲーム
在庫あり
2営業日以内に出荷致します。

定価

3,960(本体3,600円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • まえがき
  • 目次
  • 著者紹介

【読者対象】
本書は,教育や社会的なテーマでのゲーム開発や利用に関心を持つ読者を対象としています。この分野に関心のある学生や研究者,開発者,教育者などの幅広い読者が,本書を入口にシリアスゲームやゲーミフィケーションの開発や導入に取り組むために必要な知識を楽しんで学べる内容になっています。

【書籍の特徴】
「シリアスゲーム」は社会的な問題解決のためのゲームの開発・利用を総称する用語として提唱され,娯楽を超えたゲームの多様な可能性を広げる概念として普及しました。本書では,シリアスゲームの成り立ちからこれまでの展開を概観し,各分野における事例や新たな取り組みを整理して解説しています。2000年代からの約20年間の変遷の中で生じた多様な分野におけるシリアスゲームの拡がりや,その後のゲーミフィケーションへの展開についてテーマごとに整理して解説しました。

【各章について】
1章では,本書の導入としてシリアスゲームの定義や概念的な整理を行いました。これまでのシリアスゲーム研究の議論を発展させて,その後のシリアスゲーム研究の論点や近年の事例を踏まえた再検討を行っています。(藤本徹担当)
2章では,シリアスゲームの初期の事例や各分野への展開を概観し,ゲーミフィケーションへの展開とともにシリアスゲームの取り組みが社会に与えた意義や影響を解説しました。(藤本徹担当)
3章では,シリアスゲームデザインの枠組を検討し,歴史学習の分野の事例を中心に解説しました(池尻良平担当)。
4章では,シリアスゲームのメディアの性質について検討し,アナログゲーム,デジタルゲーム,アナログゲームのデジタル化の側面から事例を取り上げて考察を行いました(福山佑樹担当)。
5章では,シミュレーション開発を応用したシリアスゲームの開発方法の各分野への応用について,豊富な事例を交えて解説しました(古市昌一担当)。
6章では,医療現場や福祉現場に向けて開発されたシリアスゲーム導入のコミュニティ形成の重要性について議論しました。(松隈浩之担当)
7章では,地域課題解決のためのシリアスゲームである「地方創生ゲーム」の展開について取り上げて主要な事例を取り上げて解説しました。(小野憲史担当)
最後の8章では,各章で挙げられた論点を整理して総括的な検討を行うとともに,今後のシリアスゲームの開発や実践における課題と可能性について考察しました。(藤本徹担当)

【著者からのメッセージ】
ゲームを取り入れた社会課題解決や,ゲームを入口とした学びの場づくりなど,多様なゲームの可能性に期待する方がまずは手に取るべき一冊として執筆しました。大学でシリアスゲームを教えたい教員の方や開発者研修の講師の方,地域振興や事業開発の企画担当者の方など,ゲームを軸に新しい取り組みを始めたい方が,次の一歩に進むための入門書として手に取っていただければ幸いです。

【キーワード】
シリアスゲーム,ゲーミフィケーション,ゲーム学習,ゲームと教育,シミュレーションゲーム,エデュテインメント,エクサゲーム,地方創生ゲーム

「社会的な問題解決のためのゲームの開発・利用」を総称する用語として提唱されたシリアスゲーム(serious games)は,従来の教育・学習ゲーム,シミュレーションなど,各分野でおもに教育的な文脈で扱われてきたゲームの応用の可能性を広げる概念として提唱された。2000年代前半にゲーム産業や学術界を巻き込んだ一つのムーブメントとして展開され,それまでの教育的なゲーム利用を超え,さまざまな社会的なテーマにゲームが活用される流れを生んだ。

この当時の国内外のシリアスゲームの状況は,2007年に刊行された拙著『シリアスゲーム―教育・社会に役立つデジタルゲーム』(東京電機大学出版局)で解説した。デジタルゲーム技術の急速な発展と普及に後押しされ,その当時すでにシリアスゲームのムーブメントは世界的に認知されつつあった。その後,景気後退などの社会情勢もあって勢いは落ち着いた。2010年代に入り,シリアスゲームよりも概念的に広いゲーミフィケーション(gamification)が提唱されて,さらに社会的な関心が高まる動きとなり,ゲームの社会的な応用の取組みが加速した。

2000年代前半のシリアスゲームの初期の展開から20年近くが経過した今日,すでにゲームコンソール機は,NINTENDO GAMECUBEからNintendo DS,Wii,Nintendo Switchへ,PlayStation2からPlayStation5,初代XboxからXbox Series Xへと,数世代発展した。PC向けゲームの多くが開発されていたAdobe Flashは姿を消した。モバイル端末向けゲームは3Gから4G,5Gと,大容量通信を前提にしたスマートフォンゲームアプリの時代になり,ソーシャルゲームの主要プラットフォームも変遷した。オンラインゲームの世界も,『Ever Quest』や『World of Warcraft』に代表される人気の大規模マルチプレイヤーオンラインロールプレイングゲーム(MMORPG)が隆盛した時代から,バトルロイヤル形式のファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)やマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)の人気ゲームが主流のオンラインゲームとして認識される状況に移り変わった。2000年代に『Second Life』が注目を集めたメタバースへの関心は,VRなどの技術の普及により,今日ではさらに社会的な関心が高まっており,eスポーツもこの数年で一つの産業として認識されるに至った。

シリアスゲームは,このようなデジタルゲーム産業におけるニッチな分野として着実に成果を重ねてきた。従来の教育用ゲームに限らず,さまざまな社会課題へのゲームの応用を目指すことで,デジタルゲーム産業がほかの分野とつながる新たな経路が生まれた。

シリアスゲームを軸とした研究者,開発者のコミュニティが形成され,多くの資金やリソースが投じられ,世界中で研究プロジェクトが立ち上がり,研究開発が進められた。シリアスゲーム専門の開発会社が設立され,研究機関にはシリアスゲームに特化した研究センターが設置された。産業振興のテーマとしてシリアスゲームに取り組む国や地域も現れ,関連分野とゲーム産業をつなぐコンセプトとして機能した。

本書では,そうしたシリアスゲームの成り立ちからこれまでの展開や,各分野における新たな取組みを整理して論じ,シリアスゲームの意義や社会に起こした影響を概観し,その成果や可能性と課題を検討した。特に,2000年代からの約20年間の変遷の中で生じた多様な分野におけるシリアスゲームの広がりをテーマごとに整理して検討し,今後この分野の研究や開発に取り組む人々に共通基盤となる知見を提供することに主眼を置いた。

本書の執筆にあたり,シリアスゲームやゲーミフィケーションを扱う大学の授業などで入門書として利用してもらえるように,事例を交えてできるだけ理解しやすくなるように配慮した。この分野に関心のある学生や研究者が,本書を入口にさらに詳しい文献をたどれるように専門的な内容を扱いつつ,シリアスゲームの開発に取り組む開発者にとっても有用な知見を提供できるよう,開発方法や導入時の論点なども具体的な事例を交えて解説することに努めた。

本書はつぎのような章と内容で構成している。まず1章では,本書の導入としてシリアスゲームの定義や概念的な整理を行う。これまでに筆者が発表した関連論文^{1)~5)},での議論を発展させて,その後のシリアスゲーム研究の論点や近年の事例を踏まえた再検討を行う。2章では,初期の事例や各分野への展開を概観し,その意義や影響を解説する。

3~5章は,シリアスゲームの開発者側の立ち位置からの各論として,シリアスゲームのデザイン,メディア,開発方法にそれぞれ焦点を当てて議論を深める。3章はシリアスゲームデザインの枠組みを検討し,歴史学習の分野の事例を中心に解説する。4章はシリアスゲームのメディアの性質について検討し,アナログゲーム,デジタルゲーム,アナログゲームのデジタル化の側面から事例を取り上げて考察を行う。5章はシミュレーション開発を応用したシリアスゲームの開発方法の各分野への応用について,豊富な事例を交えて解説する。

6~7章は,シリアスゲームのユーザーやスポンサー側の立ち位置に焦点を当てて,医療現場や福祉現場に向けて開発されたシリアスゲームを導入することによるコミュニティ形成,地域課題解決のためのシリアスゲームである「地方創生ゲーム」の展開について取り上げる。

最後に8章で,各章で挙げられた論点を整理して総括的な検討を行うとともに,今後のシリアスゲームの開発や実践における課題と可能性について考察する。著者一同を代表し,本書の出版にご協力くださった方々へ心から感謝を述べるとともに,本書が関連する分野の次代を担う研究者や開発者たちの学びにつながり,より良い社会を目指す活動に貢献できることを願っている。

2024年1月
編著者 藤本徹

第1章 シリアスゲームとは
1.1 シリアスゲームの定義と対象
 1.1.1 「ゲーム」の概念的な定義
 1.1.2 シリアスゲームの定義
 1.1.3 シリアスゲームの範囲
1.2 関連用語との類似点と相違点
 1.2.1 ゲーミングシミュレーション
 1.2.2 エンターテインメントエデュケーション
 1.2.3 エデュテインメント
 1.2.4 シリアスゲームとともに提唱された概念・用語
 1.2.5 ゲーミフィケーション
 1.2.6 その他の関連用語

第2章 シリアスゲームの展開
2.1 シリアスゲームの歴史的展開
 2.1.1 シリアスゲーム登場の発端とコミュニティ形成
 2.1.2 初期の代表的事例
 2.1.3 シリアスゲームが起こした変化
2.2 国内における展開
 2.2.1 国内大手ゲーム会社の動向
 2.2.2 産学連携によるシリアスゲーム開発の取組み
2.3 ゲーミフィケーションへの展開
2.4 シリアスゲームの残した成果

第3章 シリアスゲームのデザイン
3.1 シリアスゲームの一般的なデザイン論
 3.1.1 ゲーム学習のフレームワーク
 3.1.2 学習に効果的なゲーム要素
 3.1.3 シリアスゲームの一般的なデザイン論のまとめ
3.2 学習領域に合わせたシリアスゲームの事例紹介
 3.2.1 防災の学習領域のシリアスゲーム『StopDisasters!』
 3.2.2 歴史の学習領域のシリアスゲーム『MissionUS』
3.3 学習領域に合わせた独自なデザインについての考察
 3.3.1 二つの事例における学習領域ならではのデザイン
 3.3.2 各学習領域におけるキー概念の抽出方法
3.4 学習領域に合わせた効果的なシリアスゲームのデザイン論
 3.4.1 学習領域に合わせた効果的なシリアスゲームのデザイン手順
 3.4.2 熟達者研究を活用した歴史領域のシリアスゲームのデザイン事例

第4章 シリアスゲームのメディア
4.1 シリアスゲーム研究におけるメディア
4.2 アナログゲームとデジタルゲームの特徴
4.3 シリアスゲームとメディアの特性:『ジョブスタ』を対象として
 4.3.1 事例1:『ジョブスタ(アナログ版)』
 4.3.2 事例2:『ジョブスタオンライン(アプリ版)』
 4.3.3 事例3:『ジョブスタオンライン(ビデオ会議版)』
 4.3.4 事例4:『ジョブスタ(ハイフレックス版)』
 4.3.5 メディアの特性の影響についての考察
4.4 教育目的のシリアスゲームのメディア比較研究
4.5 メディア特性を活かしたシリアスゲームの展望

第5章 シリアスゲームの開発方法
5.1 シリアスゲーム開発方法普及の重要性
 5.1.1 ソフトウェア工学とゲーム開発
 5.1.2 一般的なゲーム開発とシリアスゲームの開発の相違点
 5.1.3 シリアスゲーム開発プロセスSGDP
5.2 シリアスゲーム開発の実際
 5.2.1 開発者自ら課題に対して調査を行う場合
 5.2.2 ユーザーと専門家の協力を得て開発する場合
 5.2.3 専門のSEと共同で開発する場合
コラム:シリアスゲーム命名クラーク・アプト博士
5.3 シリアスゲーム開発法の普及活動:シリアスゲームジャム

第6章 エクサゲーム
6.1 エクサゲーム研究の現状
6.2 エクサゲームの利用者と環境
6.3 事例1:『リハビリウム起立くん』
 6.3.1 ゲーム概要
 6.3.2 検証
6.4 事例2:『ロコモでバラミンゴ』
 6.4.1 ゲーム概要
 6.4.2 検証
6.5 事例3:『たたけ!バンバン職人』
 6.5.1 ゲーム概要
 6.5.2 検証
6.6 コミュニティ形成
 6.6.1 施設内でのコミュニケーション
 6.6.2 地域における健康運動サークル
 6.6.3 スマホとクラウドを用いたオンラインコミュニティ
6.7 エクサゲーム研究の展望

第7章 地方創生とゲーム
7.1 企業と個人,双方の地方創生ゲーム
7.2 ご当地ゲームの広がり
7.3 ご当地ゲームの先行研究と先行事例
7.4 インディゲームが切り開いた「地方創生ゲーム」への展開
7.5 公費投入型地方創生ゲーム
 7.5.1 種類
 7.5.2 公費投入型地方創生ゲームの背景
 7.5.3 開発事例
 7.5.4 長所と課題
7.6 インディゲーム型地方創生ゲーム
 7.6.1 事例1:『岐阜クエスト』
 7.6.2 事例2:『まるがめクエスト』
7.7 産業育成型地方創生ゲーム
7.8 地方創生ゲームの未来

第8章 今後の課題と展望
8.1 各章の論点の整理
8.2 これまでの課題と展望を振り返る
 8.2.1 シリアスゲームを軸とした異分野連携
 8.2.2 ゲーム業界におけるシリアスゲームの可能性
 8.2.3 ゲームに対する認識の社会的変化
8.3 これからの課題と展望
 8.3.1 開発と導入のための方法論の充実
 8.3.2 効果に関する知見の共有
 8.3.3 支援の仕組みと導入のための基盤整備

引用・参考文献
用語索引
ゲーム索引

藤本 徹

藤本 徹(フジモト トオル)

東京大学大学院情報学環 准教授。専門はゲーム学習論,教育工学。慶應義塾大学環境情報学部卒。ペンシルバニア州立大学大学院博士課程修了。著書に「シリアスゲーム」(東京電機大学出版局),「ゲームと教育・学習」(共編著,ミネルヴァ書房)訳書に「テレビゲーム教育論」,「デジタルゲーム学習」(東京電機大学出版局),「幸せな未来は「ゲーム」が創る」(早川書房)など。

池尻 良平

池尻 良平(イケジリ リョウヘイ)

東京大学大学院情報学環 客員准教授。東京大学文学部卒。東京大学大学院学際情報学府 博士課程を経て2014年に博士号(学際情報学)取得。専門は歴史教育,教育工学,ゲーム学習。主に歴史のゲーム教材やデジタル教材を開発しつつ,高校で実践・評価している。日本教育工学会 論文賞(2018年,2023年),全国社会科教育学会 研究奨励賞(2016年),日本教育メディア学会 井内賞(2013年)を受賞。共著に「歴史を射つ: 言語論的転回・文化史・パブリックヒストリー・ナショナルヒストリー」(御茶の水書房),「ゲームと教育・学習(教育工学選書Ⅱ)」(ミネルヴァ書房)など。

福山 佑樹

福山 佑樹(フクヤマ ユウキ)

関西学院大学 ライティングセンター 教授。東京大学大学院学際情報学府修士課程・早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。専門分野は教育工学(ゲーム学習・高等教育)。ゲームやゲーミフィケーションを利用した社会問題の学習手法など,ゲームと教育・学習の関係性について研究しているほか,民間企業や行政と共同で研修や教育用のゲーム開発にも携わっている。共著書に「ゲームと教育・学習(教育工学選書Ⅱ)」(ミネルヴァ書房),「残された酸素ボンベ:主体的・対話的で深い学びのための科学と社会をつなぐ推理ゲームの使い方」(ナカニシヤ出版)など。

古市 昌一

古市 昌一(フルイチ マサカズ)

日本大学生産工学部 教授,広島大学総合科学部総合科学科卒業,イリノイ大学アーバナシャンペン校でコンピュータサイエンス修士号,慶應義塾大学で博士号を取得。専門はモデリング&シミュレーションとシリアスゲームの構築法,三菱電機(株)在職時にはウォゲームシステムの研究開発に従事,日本大学では教育・研修,医療健康福祉等を目的としたシリアスゲームの開発を学生達と行っている他,TVの歴史番組(NHKの歴史探偵,英雄達の選択等)で過去の戦いを多数再現。

松隈 浩之

松隈 浩之(マツグマ ヒロユキ)

社会問題の解決を目的とした「シリアスゲーム」やゲームの要素を他の領域で活用する「ゲーミフィケーション」が専門領域。具体的な活動として高齢者のリハビリ・ヘルスケアを支援するゲームを開発・研究するシリアスゲームプロジェクトを推進している。また、福岡ゲーム産業機構というゲーム企業、福岡市、九州大学の産官学連携による活動にも参加している。関連して、メディア芸術分野の活性化を標榜した『アジアデジタルアート大賞展』というアートコンペティションの運営にも力をいれている。

小野 憲史

小野 憲史(オノ ケンジ)

東京国際工科専門職大学工科学部デジタルエンタテインメント学科講師。ゲーム教育ジャーナリスト,NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)名誉理事・事務局長,一般社団法人日本ゲームシナリオライター協会監事としても活動中。主な連載記事に「小野憲史のゲーム時評」(まんたんウェブ),「リーダーのためのメディアガイド」(教育新聞)などがある。

★特設サイトはこちらから★

各書籍の詳細情報や今後の刊行予定,関連書籍などがご覧いただけます。

https://www.coronasha.co.jp/mediatech/