パワーエレクトロニクスノート 工作と理論

パワーエレクトロニクスノート 工作と理論

パワーエレクトロニクスの基本回路の原理を述べ,ブレッドボードによる実験を紹介する。整流回路→3端子レギュレータ→チョッパ回路→単相インバータ→三相インバータと機能を拡充し,順を追って理解しながら読むことができる。

ジャンル
発行年月日
2008/03/13
判型
A5
ページ数
192ページ
ISBN
978-4-339-00795-4
パワーエレクトロニクスノート 工作と理論
在庫あり

定価

2,860(本体2,600円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • レビュー
  • 著者紹介

パワーエレクトロニクスの基本回路の原理を述べ,ブレッドボードによる実験を紹介する。整流回路→3端子レギュレータ→チョッパ回路→単相インバータ→三相インバータと機能を拡充し,順を追って理解しながら読むことができる。

1. 整流回路
1.1 整流回路の部品
1.2 半波整流回路
1.3 全波整流回路

2. 平滑回路
2.1 平滑回路を持つ全波整流回路
2.2 全波整流回路における過渡現象

3. 3端子レギュレータ
3.1 ツェナーダイオードの特性と基準電圧源
3.2 バイポーラトランジスタの特性
3.3 3端子レギュレータ
3.4 出力電圧可変型3端子レギュレータ

4. 降圧チョッパ回路
4.1 降圧チョッパ回路の基本構成
4.2 スイッチとしてのトランジスタ
4.3 降圧チョッパ回路の動作原理
4.4 降圧チョッパ回路の理論
4.5 PWM 制御法
4.6 PWM 制御法による出力電圧制御

5. 昇圧チョッパ回路/昇降圧チョッパ回路
5.1 昇圧チョッパ回路の動作原理
5.2 昇圧チョッパ回路の理論
5.3 昇降圧チョッパ回路の動作原理と理論

6. オペアンプ回路
6.1 PWM 制御回路
6.2 反転増幅回路
6.3 積分回路
6.4 ヒステリシスコンパレータ
6.5 三角波生成回路

7. DC モータ駆動
7.1 降圧チョッパ回路によるDC モータの回転数制御
7.2 フィルタ回路
7.3 P 制御
7.4 DC モータの伝達関数とP 制御の定常偏差
7.5 PI 制御

8. DC モータの駆動/ブレーキ
8.1 電気的ブレーキ
8.2 ブレーキのかけられる回路
8.3 電源短絡対策
8.4 DC モータの駆動/ブレーキ

9. ハーフブリッジインバータ
9.1 DC モータの正/逆転の駆動/ブレーキ
9.2 ハーフブリッジインバータの動作モード

10. フルブリッジインバータ
10.1 正転用チョッパ回路と逆転用チョッパ回路の合体
10.2 PWM 制御法Ⅰ
10.3 PWM 制御法Ⅰによる動作モード
10.4 交流電圧の出力
10.5 インバータのシミュレーション
10.6 PWM 制御法Ⅱ
10.7 PWM 制御法Ⅱによる動作モード
10.8 交流電圧の出力

11. 三相PWM インバータ
11.1 三相交流電圧の出力
11.2 120°通電型の出力電圧制御法
11.3 PWM 制御法
11.4 三相インバータの実験
11.5 三相インバータのシミュレーション

参考文献
索引

amazonレビュー

関連資料(一般)

関連資料一覧

教科書採用者向け 関連資料申込
書籍内の各図面データ(pdf)