検索結果

「小ジャンル:電気・電子工学/電磁波工学/電磁波応用」検索結果

絞り込み

※書籍在庫がない場合でも電子版がある場合があります。電子版ありにチェックをつけてください。

15件中 1件 - 15件
表示順
表示件数
メタマテリアルアンテナの基礎

メタマテリアルアンテナの基礎

電磁界の性質やアンテナの基礎知識,およびメタマテリアルの構造や特性を理解し,初心者でもメタマテリアルアンテナの設計ができる内容となっている。また,メタサーフェスについては別途章を設け,その特徴と応用例を紹介。

  • レビュー
発行年月日
2021/09/27
定価
4,840(本体4,400円+税)
ISBN
978-4-339-00948-4
在庫あり
電磁環境工学

電子情報通信レクチャーシリーズ D-16

電磁環境工学

電気・電子機器から発する電磁妨害波が,他の機器に影響を及ぼさず,かつ他の機器からの妨害に対しても影響されない耐性であるEMC(電磁両立性)の規格を網羅的に解説し,主な規格値や測定・試験法の具体的な内容を紹介した。

  • レビュー
発行年月日
2021/03/18
定価
3,960(本体3,600円+税)
ISBN
978-4-339-01876-9
在庫あり
レーダの基礎 - 探査レーダから合成開口レーダまで -

レーダの基礎 - 探査レーダから合成開口レーダまで -

本書は,専門性の高いレーダについて,初学者を対象に電磁波の解説から始め,レーダの原理と種類,応用(探査・追尾レーダ,気象レーダ,車載レーダ,SAR等の画像レーダ,地中レーダ)までを,学部レベルの数学を使って解説する。

  • 電子版あり
発行年月日
2017/03/03
定価
4,400(本体4,000円+税)
ISBN
978-4-339-00894-4
在庫あり
電波伝搬解析のためのレイトレーシング法 - 基礎から応用まで -

電波伝搬解析のためのレイトレーシング法 - 基礎から応用まで -

電波伝搬解析に必要となるレイトレーシング法のすべての項目を採り上げ,具体的な計算法を交えながら基礎から応用まで詳しく解説した。レイトレーシング法の理解のためのみならず,伝搬解析のハンドブックとしても利用できる一冊。

  • 関連資料
  • 電子版あり
発行年月日
2016/08/22
定価
4,180(本体3,800円+税)
ISBN
978-4-339-00886-9
在庫あり
数値電磁界解析のためのFDTD法 - 基礎と実践 -

数値電磁界解析のためのFDTD法 - 基礎と実践 -

電磁界解析に用いられるFDTD法の基本的なプログラムコードを掲載し,経験者の技術者や大学院生はもちろん,初学者にも理解できるよう詳細に説明した。FDTD法の基礎を学ぶとともに具体的な解析のステップアップに役立つ一冊。

  • 関連資料
  • 電子版あり
発行年月日
2016/05/25
定価
5,500(本体5,000円+税)
ISBN
978-4-339-00884-5
在庫あり
レーダシステムの基礎理論

レーダシステムの基礎理論

本書は,レーダの基本形である捜索レーダについて,目標探知技術を中心とする捜索レーダシステムの基礎的理論とその物理的意味に重点を置いて解説している。レーダの開発・設計に携わる技術者やレーダシステム技術の学習者には必携。

  • レビュー
  • 電子版あり
発行年月日
2015/11/20
定価
5,940(本体5,400円+税)
ISBN
978-4-339-00870-8
在庫あり
幾何光学的回折理論

幾何光学的回折理論

電磁波解析手法の一つである幾何光学的回折理論の考え方,使い方について応用例を含めて解説している。本理論は無線通信などの高周波漸近解析手法の一つで,電磁波に関する物理的な諸法則・原理と巧みな数学的取扱いにより導かれる。

  • 電子版あり
発行年月日
2015/04/30
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-00877-7
在庫あり
電磁波計測 - ネットワークアナライザとアンテナ -

電磁波計測 - ネットワークアナライザとアンテナ -

ネットワークアナライザをはじめとする電子計測器を用いた伝送線路およびマイクロ波回路に関する導波電磁波の測定を基礎として,近年重要性を増しているアンテナを用いた空間電磁界の測定について系統的に解説した本邦初の書である。

  • レビュー
発行年月日
2007/10/20
定価
2,970(本体2,700円+税)
ISBN
978-4-339-00792-3
在庫あり
情報通信機器のノイズイミュニティ - 電磁障害防止に向けて -

情報通信機器のノイズイミュニティ - 電磁障害防止に向けて -

近年重要性が増している情報通信機器への電磁障害防止すなわちイミュニティ技術を総括的に取り上げた。重要事項であるイミュニティ規格の動向,故障事例と対策法,電磁環境計測技術,イミュニティ試験・対策技術等を体系的に記述。

発行年月日
2002/07/18
定価
4,620(本体4,200円+税)
ISBN
978-4-339-00740-4
在庫僅少
電磁波の散乱・吸収計測と建築電磁環境

電磁波の散乱・吸収計測と建築電磁環境

移動体通信や無線LANなどの発展に伴い,電磁環境問題の重要性が高まり,建築・都市電磁環境という新しい問題が注目されている。本書は,電磁波の散乱・吸収計測とその応用が,建築電磁環境問題を含めてわかりやすく記述してある。

発行年月日
2000/07/13
定価
4,180(本体3,800円+税)
ISBN
978-4-339-00722-0
在庫僅少
FDTD法による電磁界およびアンテナ解析

FDTD法による電磁界およびアンテナ解析

本書は,電磁界解析やアンテナ解析のためのFDTD法のプログラムが自由に組めるようになることを目的とし,初歩的なものから,電磁界の散乱解析,アンテナ解析への応用,回路とアンテナとの結合問題などについて述べている。

  • レビュー
発行年月日
1998/03/20
定価
4,070(本体3,700円+税)
ISBN
978-4-339-00689-6
在庫あり
光・電波解析の基礎

光・電波解析の基礎

電磁波(光・電波)理論を図解や具体例,独自の物理像などにより詳細かつ平易に記述した。前半で数学を主体とした基礎解析を,後半でこの応用例として光ファイバ理論,電磁波伝搬,有限要素法による電磁波解析などを解説している。

発行年月日
1995/11/10
定価
6,930(本体6,300円+税)
ISBN
978-4-339-00634-6
在庫あり
電磁波雑音のタイムドメイン計測技術

電磁波雑音のタイムドメイン計測技術

電磁波雑音問題の解明に,時間軸上での計測と評価の重要性が認識されつつある。本書では,タイムドメイン計測をテーマに,基礎理論,測定法,雑音問題の現状,産業分野での実態,さらに関連規格の動向までを系統的に解き明かした。

発行年月日
1995/09/05
定価
4,950(本体4,500円+税)
ISBN
978-4-339-00633-9
在庫あり
電気・波動工学における逆問題 - CTから最適設計まで -

コンピュートロール 第39号

電気・波動工学における逆問題 - CTから最適設計まで -

  • 川井 忠彦 東大名誉教授・東京理科大教授 責任編集
  • 加川 幸雄 富山大名誉教授・岡山大教授 責任編集

工学の世界では原因から結果を推定する順問題に対し,結果から原因を推定する逆問題も重要である。本特集は,電気工学,波動工学で現れる逆問題で,現在実用されているもの,開発されつつあるものについてその原理と現状を解説した。

発行年月日
1992/07/10
定価
3,300(本体3,000円+税)
ISBN
978-4-339-02058-8
品切・重版未定
応用電波工学

電子情報通信学会 大学シリーズ F-11

応用電波工学

電波の基本的性質を系統的に整理し,各種電波応用の原理と結びつけて説明し,電波応用技術を総合的,体系的に理解できるよう平易に解説した。将来の衛星通信や移動通信などの応用システムにも言及している。

発行年月日
1985/08/05
定価
2,970(本体2,700円+税)
ISBN
978-4-339-00039-9
在庫僅少
15件中 1件 - 15件