検索結果

「著者:高木 相」検索結果

絞り込み

※書籍在庫がない場合でも電子版がある場合があります。電子版ありにチェックをつけてください。

6件中 1件 - 6件
表示順
表示件数
情報通信機器のノイズイミュニティ 電磁障害防止に向けて

情報通信機器のノイズイミュニティ - 電磁障害防止に向けて -

近年重要性が増している情報通信機器への電磁障害防止すなわちイミュニティ技術を総括的に取り上げた。重要事項であるイミュニティ規格の動向,故障事例と対策法,電磁環境計測技術,イミュニティ試験・対策技術等を体系的に記述。

発行年月日
2002/07/18
定価
4,620(本体4,200円+税)
ISBN
978-4-339-00740-4
在庫僅少
電磁波の散乱・吸収計測と建築電磁環境

電磁波の散乱・吸収計測と建築電磁環境

移動体通信や無線LANなどの発展に伴い,電磁環境問題の重要性が高まり,建築・都市電磁環境という新しい問題が注目されている。本書は,電磁波の散乱・吸収計測とその応用が,建築電磁環境問題を含めてわかりやすく記述してある。

発行年月日
2000/07/13
定価
4,180(本体3,800円+税)
ISBN
978-4-339-00722-0
在庫僅少
電磁波雑音のタイムドメイン計測技術

電磁波雑音のタイムドメイン計測技術

電磁波雑音問題の解明に,時間軸上での計測と評価の重要性が認識されつつある。本書では,タイムドメイン計測をテーマに,基礎理論,測定法,雑音問題の現状,産業分野での実態,さらに関連規格の動向までを系統的に解き明かした。

発行年月日
1995/09/05
定価
4,950(本体4,500円+税)
ISBN
978-4-339-00633-9
在庫あり
電気接点のアーク放電現象

電気接点のアーク放電現象

  • 高木 相 東北大名誉教授・日大教授 編著

電気接点工学では,性能と接点現象の関係の機構の解明が課題である。影響の大きいアーク放電現象を中心に,この分野の研究をリードする著者らが得られた成果を集約した。現象の観測データを示し,性能との関係を体系化して述べた。

発行年月日
1995/02/28
定価
6,600(本体6,000円+税)
ISBN
978-4-339-00627-8
電磁界の生体効果と計測

電磁界の生体効果と計測

電気や磁気が動植物の生存にどのように影響しているかという電磁環境問題が重要視されてきている。本書は,現在までに行われた実態の調査や数々の研究成果を体系的にまとめ,わかりやすく解説した。

  • レビュー
発行年月日
1995/02/10
定価
6,050(本体5,500円+税)
ISBN
978-4-339-00625-4
自然の中の電気と磁気

新コロナシリーズ 5

自然の中の電気と磁気

150億年前の大爆発(ビッグバン)による宇宙や地球の誕生から現在,未来の姿を,我々の生活に密着した電気と磁気の話を中心に,科学者の研究と歴史をたどりながらやさしく解説した。

発行年月日
1989/10/05
定価
1,282(本体1,165円+税)
ISBN
978-4-339-07655-4
在庫僅少・カバーなし
6件中 1件 - 6件