臨床工学技士のための 機械工学

臨床工学技士のための 機械工学

臨床工学技士国家試験と第2種ME技術実力検定試験に出題される機械工学分野の問題を解くために特化した内容とした。

ジャンル
発行年月日
2013/01/10
判型
A5
ページ数
224ページ
ISBN
978-4-339-07232-7
臨床工学技士のための 機械工学
在庫あり

定価

3,080(本体2,800円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は臨床工学技士国家試験と第2種ME技術実力検定試験に出る機械工学分野の問題を解くために特化した内容となっている。付録として二つの試験の過去問と選択形式ならではの解答のテクニックを習得できるような解説をした。

1. 力
1.1 力とは
1.1.1 力の定義
1.1.2 重力加速度
1.1.3 質量と重さ
1.2 合力と分力
1.3 力のモーメント

2. 材料力学
2.1 応力とひずみ
2.1.1 材料の変形
2.1.2 応力
2.1.3 ひずみ
2.1.4 フックの法則とヤング率
2.2 ポアソン比
2.3 応力‒ひずみ曲線
2.4 体積弾性率
2.5 応力集中
2.6 安全率

3. 粘弾性
3.1 粘性の定義
3.2 ニュートン流体と非ニュートン流体
3.3 血液の粘性的性質
3.4 固体の粘性

4. 力と運動
4.1 力と運動を理解するための基礎知識
4.1.1 微分
4.1.2 速さと速度
4.1.3 ラジアン
4.1.4 バネ定数
4.2 落下運動
4.3 等速円運動
4.4 バネの振動
4.4.1 バネの振動
4.4.2 振動における速度と加速度
4.5 摩擦のある面上での運動
4.5.1 摩擦の法則と摩擦係数
4.5.2 摩擦面での運動
4.5.3 三角定規の辺の長さの比

5 . エネルギー
5.1 エネルギー(仕事)の定義
5.2 運動エネルギーと位置エネルギー
5.2.1 運動エネルギー
5.2.2 位置エネルギー
5.3 エネルギー保存の法則
5.4 仕事率

6 . 熱
6.1 温度
6.2 比熱
6.3 熱エネルギー
6.4 熱の移動
6.4.1 熱伝導
6.4.2 対流
6.4.3 放射
6.4.4 熱伝導の式
6.4.5 体組織での熱輸送

7 . 圧力
7.1 圧力の定義
7.1.1 圧力の単位
7.1.2 圧力の単位変換
7.2 ボイル・シャルルの法則
7.3 パスカルの原理

8 . 流体力学
8.1 理想流体
8.2 流線
8.3 連続の式
8.4 ベルヌーイの定理
8.5 レイノルズ数
8.6 ポアズイユの式

9 . 音波と超音波
9.1 音波と超音波
9.1.1 超音波の定義
9.1.2 横波と縦波
9.2 波の基本式
9.3 音速
9.4 ドップラー効果
9.5 音のエネルギー
9.6 音響インピーダンス
9.7 音の減衰と直進性
9.8 超音波エコー
9.9 生体関係の音響特性
10 . その他
10.1 ねじ
10.2 滑車
10.3 波数
10.4 デシベル
10.5 電気系と機械系の対応

付録
A. 第2 種ME 技術実力検定試験
A.1 問題
A.2 解答・解説
B. 臨床工学技士国家試験
B.1 問題
B.2 解答・解説
索引

新社会人向け書籍・新入生向け書籍