検索結果

「小ジャンル:電気・電子工学/電磁波工学/電磁波工学」検索結果

絞り込み

※書籍在庫がない場合でも電子版がある場合があります。電子版ありにチェックをつけてください。

18件中 1件 - 18件
表示順
表示件数
電波システム工学

電子情報通信レクチャーシリーズ D-15

電波システム工学

基礎編では電波伝搬やアレーアンテナ技術を中心に,応用編では電波の役割が現代に生き未来に続く主要なシステム技術をまとめた。技術の変遷がめまぐるしい分野にあっても、時代に左右されない内容・根幹に横たわる不易の技術を解説。

発行予定日
2020/09/上旬
ISBN
978-4-339-01875-2
超進化802.11高速無線LAN教科書 MIMOからMassive MIMOを用いた伝送技術とクロスレイヤ評価手法

超進化802.11高速無線LAN教科書 MIMOからMassive MIMOを用いた伝送技術とクロスレイヤ評価手法

本書は,IEEE802.11の無線LAN標準規格とMIMO技術を解説するとともに,無線LANを含め,実際のシステムでどのようにMIMO伝送を評価したらよいかといった観点で詳細な解説を行った。

  • 電子版あり
発行年月日
2017/11/02
定価
2,970(本体2,700円+税)
ISBN
978-4-339-00903-3
在庫あり
レーダの基礎 探査レーダから合成開口レーダまで

レーダの基礎 - 探査レーダから合成開口レーダまで -

本書は,専門性の高いレーダについて,初学者を対象に電磁波の解説から始め,レーダの原理と種類,応用(探査・追尾レーダ,気象レーダ,車載レーダ,SAR等の画像レーダ,地中レーダ)までを,学部レベルの数学を使って解説する。

発行年月日
2017/03/03
定価
4,400(本体4,000円+税)
ISBN
978-4-339-00894-4
在庫僅少
幾何光学的回折理論

幾何光学的回折理論

電磁波解析手法の一つである幾何光学的回折理論の考え方,使い方について応用例を含めて解説している。本理論は無線通信などの高周波漸近解析手法の一つで,電磁波に関する物理的な諸法則・原理と巧みな数学的取扱いにより導かれる。

  • 電子版あり
発行年月日
2015/04/30
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-00877-7
在庫あり
マルチユーザMIMOの基礎

マルチユーザMIMOの基礎

シングルユーザMIMOから解説をはじめ,マルチユーザMIMOにおける送信側指向性制御技術と受信側信号分離技術をやさしく解説。

  • 電子版あり
発行年月日
2014/09/08
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-00867-8
在庫僅少
RFIDタグ用アンテナの設計

RFIDタグ用アンテナの設計

本書は,近年急速に普及したRFID (Radio Frequency Identification)システムに欠かせないRFIDタグ用アンテナの設計について基本的な知識の習得を目的としている。

発行年月日
2012/11/30
定価
2,640(本体2,400円+税)
ISBN
978-4-339-00844-9
在庫あり
小形アンテナの基礎

小形アンテナの基礎

移動体通信分野の発展にともない性能の向上が強く求められている小形アンテナについて,基礎理論から詳しく解説。モノポールアンテナ,板状系アンテナに加え,携帯電話用として主流の逆Fアンテナについて,特に詳しく説明している。

  • 電子版あり
発行年月日
2011/05/18
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-00825-8
在庫あり
アンテナ基本測定法

アンテナ基本測定法

本書は,VHF/UHF帯からマイクロ波帯を中心とする周波数帯における小形アンテナもしくは中規模アンテナのうち,鋭いビームを持たないアンテナを主なターゲットに,アンテナ測定に関する基本技術を解説している。

  • レビュー
発行年月日
2011/03/01
定価
3,300(本体3,000円+税)
ISBN
978-4-339-00822-7
在庫僅少
電波工学

電気・電子系 教科書シリーズ 24

電波工学

電波工学の入門書として,電波を利用する技術の中で特に身につけるべき基本事項をコンパクトにまとめた。電波の性質を理解し電波工学に慣れるよう,例題と演習問題は実例に関連した内容とし,多くの図や写真を用いて解説した。

発行年月日
2008/04/11
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-01204-0
在庫あり
電波工学 (改訂版)

電波工学 (改訂版)

本書は,大学学部学生を対象として,電磁波工学の基礎およびアンテナ,電波伝搬を理解することを目的とし,加えて,実際の電波利用について解説した。改訂にあたって,宇宙通信のシステムなど,実例紹介を一部新しい内容にした。

発行年月日
2005/05/10
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-00773-2
在庫あり
光・電磁波工学

電子情報通信レクチャーシリーズ C-15

光・電磁波工学

本書は身の回りの光・電磁波システムと光・電磁波の関係を電磁波物理現象という観点から整理・記述し,電磁波の基本物理を習得するとともに,電磁波の振舞いを定量的に理解するのに必要な定式化をわかりやすく述べた入門書である。

  • レビュー
発行年月日
2003/07/18
定価
3,630(本体3,300円+税)
ISBN
978-4-339-01849-3
在庫あり
波動解析基礎

電子情報通信レクチャーシリーズ B-12

波動解析基礎

分布定数回路の電圧,電流は波動として伝わり,その取扱いは容易で,波動を知るための基礎になる。本書では,分布定数回路の学習を通して波動に慣れ親しみ,マクスウェルの方程式との関連を整理しながら波動に特有の現象を理解する。

発行年月日
2002/12/05
定価
2,860(本体2,600円+税)
ISBN
978-4-339-01827-1
在庫あり
光波電波工学 電磁波の伝搬・伝送

テレビジョン学会教科書シリーズ 5

光波電波工学 - 電磁波の伝搬・伝送 -

近年,光ファイバが情報伝送路の主力を占めるようになり,それと相補的に電気信号の伝送の重要性も変わらない。光・電気信号とも,伝送の本質の理解の99%は平面波の理解であるという観点から平易に解説した。

発行年月日
1992/12/15
定価
2,200(本体2,000円+税)
ISBN
978-4-339-01055-8
波動工学

波動工学

前半は電波の伝搬(基本法則,平面波と平面波の反射,屈折,異方性媒質中の伝搬)を論じ,後半はアンテナ(線状,開口面)からの放射,回折,散乱を扱う。基礎的現象を完全に理解し,それを応用できることを目標としている。

  • レビュー
発行年月日
1992/06/30
定価
3,740(本体3,400円+税)
ISBN
978-4-339-00597-4
在庫あり
電磁波工学

電子情報通信学会 大学シリーズ F-8

電磁波工学

電気・電子・通信・計測工学その他の分野に広く応用される電磁波の基礎として,電磁波動とその放射,アンテナ,電磁伝搬などを中心に,基本原理,理念,考え方の本質を平易に解説した。

  • レビュー
発行年月日
1983/04/30
定価
2,750(本体2,500円+税)
ISBN
978-4-339-00036-8
在庫あり
電波伝送工学

大学講義シリーズ

電波伝送工学

電波伝送工学の数学的基礎理論から電波の放射とアンテナ,電波伝送路,電波の空間伝送に至る理論と実際について,豊富な例題と演習問題を交えて平易に解説。

  • レビュー
  • 電子版あり
発行年月日
1981/02/25
定価
3,520(本体3,200円+税)
ISBN
978-4-339-00123-5
在庫僅少
アンテナ・電波伝搬

電子通信大学講座 18

アンテナ・電波伝搬

  • 虫明 康人 東北大名誉教授・東北工大名誉教授

本書はアンテナおよび電波伝搬の基礎を平易に説明することを目的とし,基礎的な事項については本書だけで完全に理解できるよう数式的にも物理的にも詳しく説明したものである。

  • レビュー
発行年月日
1961/02/28
定価
2,420(本体2,200円+税)
ISBN
978-4-339-00086-3
18件中 1件 - 18件