洗剤と洗浄の科学

新コロナシリーズ 33

洗剤と洗浄の科学

  • 中西 茂子 元日本女子大教授 医博・博士(工学)

現在,私たちの日常生活は「洗剤」や「洗う」こと抜きにしては考えられない。本書は,洗剤の化学や合理的な洗濯方法,ドライクリーニングに関する注意点などを,実際的・具体的知識をもとに,興味深く解説した。

ジャンル
発行年月日
1995/10/05
判型
B6
ページ数
208ページ
ISBN
978-4-339-07683-7
洗剤と洗浄の科学
在庫あり

定価

1,540(本体1,400円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

現在,私たちの日常生活は「洗剤」や「洗う」こと抜きにしては考えられない。本書は,洗剤の化学や合理的な洗濯方法,ドライクリーニングに関する注意点などを,実際的・具体的知識をもとに,興味深く解説した。

1.はじめに
洗剤の歴史的背景─古代から「洗剤の科学」はあった!?
洗剤の推移─石けんから合成洗剤へ
洗剤の普及状態の移り変わり─電気洗濯機の普及との関係

2.汚れをさぐる
汚れとは?
汚れをあばく
 人体からの汚れ
 環境からの汚れ
洗濯はなぜ必要か?
 靴下や肌着は細菌の巣
表面張力とは

3.洗剤の化学
洗剤の正体
 界面活性剤とはどんなものか
 界面活性剤の働き
 界面活性剤の種類
 イオンとは?
汚れ落としのわき役─配合剤
 ビルダー
 三つの働きの共同作用
 再汚染に注意!!
 蛍光増白剤
 酵素
 漂白剤
 家庭用品品質表示法に基づいた衣料用洗剤の種類

4.合理的で有効な洗濯方法
本洗い
 洗剤の濃度─入れ過ぎは逆効果
 洗浴の温度
 洗濯時間
 洗液と洗濯物の比率─浴比
 洗浴のアルカリ度の影響
 機械力の効果─汚れを引き離すエネルギー源
 泡のこと
 泡洗浄の話
すすぎ─合理的で有利なすすぎとは─
脱水─すすぎと乾燥の効率を支配する─
 脱水の方法
 全体的に脱水の一番適当だと思われるやりかた
乾燥
 自然乾燥の場合
 熱乾燥の場合
 乾燥機を使用するときの注意

5.洗う─洗浄と洗濯
洗う─ということを考えてみよう
汚れを落とす仕組み
 油汚れの場合
 脂質を分解する酵素リパーゼの効果
 たんぱく質汚れの場合
 たんぱく質汚れに対する分解酵素プロテアーゼの働き
 界面活性剤の影響─ノニオン界面活性剤の効果
 混合汚れの場合
ドライクリーニングの知識
ドライクリーニングの問題点
ドライクリーニングを依頼するときの心得
クリーニング事故賠償基準利用のおすすめ
しみぬきの知識

6.わが国の家庭洗濯の最近の実態
洗濯物の量
洗濯頻度
洗濯機の所有率と使用年数
洗濯機の種類別所有率
洗濯機の変化に伴う洗濯行動の変化

参考文献および引用文献

中西 茂子(ナカニシ シゲコ)