検索結果

「シリーズ:音響工学講座」検索結果

絞り込み

※書籍在庫がない場合でも電子版がある場合があります。電子版ありにチェックをつけてください。

8件中 1件 - 8件
表示順
表示件数
超音波

音響工学講座 8

超音波

超音波はさまざまな形で利用されており,科学技術の重要分野になっている。本書では,基礎(伝搬・反射・放射音場,圧電効果と超音波発生,超音波・振動測定)と応用(計測,電子デバイス,強力超音波)を体系的かつ平易に記述した。

発行年月日
2001/08/30
定価
3,630(本体3,300円+税)
ISBN
978-4-339-00357-4
改訂 音声

音響工学講座 7

改訂 音声

音声研究の歴史や,音声の線形予測分析・合成などの基礎的な事項を詳述し,さらに音声認識・雑音対策などの最新技術について,背景となる考え方や着想などを,わかりやすく解説した。旧版を全面的に新しく書き改めた。

発行年月日
1995/02/20
定価
2,750(本体2,500円+税)
ISBN
978-4-339-00359-8
基礎音響工学

音響工学講座 1

基礎音響工学

音響工学の基礎および全体像が理解できるように,また将来の発展にも対応できるように留意して解説した。大学での教科書として,また音響学に関連した現場技術者のための入門書として最適である。

発行年月日
1990/10/30
定価
4,620(本体4,200円+税)
ISBN
978-4-339-00350-5
在庫あり
建築音響

音響工学講座 3

建築音響

室内音響と音響材料,騒音・振動の防止,電気音響設備について基礎事項と新しい技術を系統的に解説。更に実務編としてホール,スタジオを中心にまとめた。建築音響設計の入門書に最適。

  • レビュー
発行年月日
1988/03/15
定価
4,400(本体4,000円+税)
ISBN
978-4-339-00352-9
在庫あり
騒音・振動(下)

音響工学講座 5

騒音・振動(下)

本書は上巻の基礎編に続く応用編で,機械・工場,道路交通,鉄道,航空機,住居等の各種騒音と,振動に関する防止技術,ならびに低周波音の対策について解説したものである。

  • レビュー
発行年月日
1982/01/10
定価
4,180(本体3,800円+税)
ISBN
978-4-339-00354-3
在庫僅少・カバーなし
応用電気音響

音響工学講座 2

応用電気音響

電気音響学の基本となる電気音響変換と録音再生過程の理論体系を述べ,集音再生システムにおける機器の応用動作の面からも記述し,異なる角度から電気音響学を眺めることにより深い理解が得られるよう配慮した。

発行年月日
1979/12/10
定価
5,610(本体5,100円+税)
ISBN
978-4-339-00351-2
品切・重版未定
聴覚と音響心理

音響工学講座 6

聴覚と音響心理

聴覚の働きを音響工学的立場からまとめ,1編は聴覚器官の構造やその生理的知見を,2編は臨界帯域の概念,両耳の聴こえや音色,騒音のうるささと聴覚障害を,3編は心理測定の方法を広く概説した。

発行年月日
1978/05/25
定価
5,060(本体4,600円+税)
ISBN
978-4-339-00355-0
在庫あり
騒音・振動(上)

音響工学講座 4

騒音・振動(上)

騒音・振動問題を扱う際の基礎事項を詳説。〔内容〕騒音の単位と表示・騒音の影響と評価・騒音測定法と測定器・騒音の発生・屋外での音の伝搬・建物に関する音響・公害振動の性状と測定・法規制と環境基準

  • レビュー
発行年月日
1978/03/15
定価
4,840(本体4,400円+税)
ISBN
978-4-339-00353-6
在庫あり
8件中 1件 - 8件