検索結果

「著者:大崎 純」検索結果

絞り込み

※書籍在庫がない場合でも電子版がある場合があります。電子版ありにチェックをつけてください。

5件中 1件 - 5件
表示順
表示件数
デザイン・コンピューティング入門  - Pythonによる建築の形態と機能の生成・分析・最適化 -

デザイン・コンピューティング入門 - Pythonによる建築の形態と機能の生成・分析・最適化 -

本書は,コンピュータによる建築形態の生成や分析を志す初学者が核となる基礎理論と計算手法をプログラミングしながら学べるように構成した。フリーのプログラミング環境を入手できる PythonとBlender を使用。

  • 関連資料
発行年月日
2017/09/28
定価
3,300(本体3,000円+税)
ISBN
978-4-339-05254-1
在庫あり
例題で学ぶ 建築構造力学2 - 不静定構造力学編 -

例題で学ぶ 建築構造力学2 - 不静定構造力学編 -

好評の1(静定構造力学編)に続く続刊。不静定構造を解くための方法を,ストーリー性をもたせて,例題を通じて学べるように解説した。自習用としても使えるように,数式を並べるのではなく行間を埋めるような説明を加えている。

  • レビュー
  • 電子版あり
発行年月日
2013/10/07
定価
3,520(本体3,200円+税)
ISBN
978-4-339-05237-4
在庫僅少
例題で学ぶ 建築構造力学1 - 静定構造力学編 -

例題で学ぶ 建築構造力学1 - 静定構造力学編 -

本書は静定構造を解くための方法を,ストーリー性をもたせて,例題を通じて学べるように解説した。自習用としても使えるように,数式を並べるのではなく行間を埋めるような説明を加えている。なお,不静定構造については続刊で解説。

  • レビュー
  • 電子版あり
発行年月日
2013/03/21
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-05236-7
在庫あり
構造と材料の分岐力学

計算工学シリーズ 3

構造と材料の分岐力学

本書では,構造と材料の分岐現象の実例,漸近分岐理論,解析技法を主眼とした計算分岐理論,分岐現象の感度解析と最適設計法,対称性をもつ系の分岐を記述する群論的分岐理論とブロック対角化による対称性の利用などを解説した。

発行年月日
2005/11/28
定価
2,860(本体2,600円+税)
ISBN
978-4-339-05703-4
在庫あり
発見的最適化手法による構造のフォルムとシステム

計算工学シリーズ 4

発見的最適化手法による構造のフォルムとシステム

初めに簡単な例を用いて構造物の最適化について解説。その後,遺伝的アルゴリズム,セルオートマトン,進化的手法,シミュレーテッドアニーリングなどの発見的手法を多数の図やグラフを用いて紹介し,その有効性を示す。

発行年月日
2004/07/15
定価
2,860(本体2,600円+税)
ISBN
978-4-339-05704-1
在庫あり
5件中 1件 - 5件