検索結果

「シリーズ:コンピュータアナリシスシリーズ」検索結果

絞り込み

※書籍在庫がない場合でも電子版がある場合があります。電子版ありにチェックをつけてください。

8件中 1件 - 8件
表示順
表示件数
バイオメカニクス 数値シミュレーション

コンピュータアナリシスシリーズ 8

バイオメカニクス 数値シミュレーション

生体は内的にも外的にもその機能の多くは力学的法則の支配を受けている。生体における力学現象への数値シミュレーションの意義と方法について,心臓血管系,呼吸系,聴覚器,骨格系,骨,筋,身体系をとり上げ具体的に解説した。

発行年月日
1999/12/22
定価
3,740(本体3,400円+税)
ISBN
978-4-339-04142-2
原子・分子モデルを用いる数値シミュレーション

コンピュータアナリシスシリーズ 7

原子・分子モデルを用いる数値シミュレーション

物質系を原子・分子の集合体としてモデル化し,その状態の発展をコンピュータシミュレーションを用いて追跡することにより解析する方法の基礎について詳述し,固体材料特性の評価,熱・流体系における応用の仕方について解説した。

発行年月日
1996/06/20
定価
3,190(本体2,900円+税)
ISBN
978-4-339-04141-5
在庫あり
逆問題のコンピュータアナリシス

コンピュータアナリシスシリーズ 6

逆問題のコンピュータアナリシス

測定可能なデータをもとに,直接観測が不可能な部分の形状や境界条件などを推定するという,いわゆる逆問題を解決しなければならないことは実用上きわめて多い。本書は境界値と初期値問題についてコンピュータ手法とその応用を解説。

発行年月日
1991/11/20
定価
3,080(本体2,800円+税)
ISBN
978-4-339-04140-8
相変態と材料挙動の数値シミュレーション

コンピュータアナリシスシリーズ 5

相変態と材料挙動の数値シミュレーション

固体-液体-気体の相変態理論は,広範な研究領域で現在最も注目され,工学的利用も実用段階に入っている。本書は,相変態現象と,その過程に伴う材料の力学的挙動との相互作用について,さまざまな角度から考察した。

発行年月日
1991/07/31
定価
2,750(本体2,500円+税)
ISBN
978-4-339-04139-2
流れの数値シミュレーション

コンピュータアナリシスシリーズ 4

流れの数値シミュレーション

ソフトウェアのなかでも難しいとされている計算流体力学を,手近でわかりやすいものにするための入門書。プログラムを随所に盛り込み,差分法,有限要素法,境界積分法までの広い範囲を解説。

発行年月日
1988/03/30
定価
3,960(本体3,600円+税)
ISBN
978-4-339-04138-5
振動工学におけるコンピュータアナリシス

コンピュータアナリシスシリーズ 3

振動工学におけるコンピュータアナリシス

コンピュータ援用を前提とした新しい振動工学について,基礎数値計算,データ処理,モード解析,最適設計などを例題やプログラムを交えながらやさしく解説した。

発行年月日
1987/07/20
定価
3,520(本体3,200円+税)
ISBN
978-4-339-04137-8
在庫僅少
固体力学におけるコンピュータアナリシス

コンピュータアナリシスシリーズ 2

固体力学におけるコンピュータアナリシス

ハードウェア技術の進歩に伴ってソフトウェアも新しい成果が出ている。固体力学においても例外でなく,最近の現状と将来への動向を基礎と応用の両面からまとめた。

発行年月日
1986/07/10
定価
3,520(本体3,200円+税)
ISBN
978-4-339-04136-1
在庫僅少
熱と流れのコンピュータアナリシス

コンピュータアナリシスシリーズ 1

熱と流れのコンピュータアナリシス

機械工学で,コンピュータを利用して行う数値解析の手法をわかりやすく解説。従来の熱力学や流体力学の手法では扱えない熱工学の手法を平易に説明した。

発行年月日
1986/06/30
定価
3,190(本体2,900円+税)
ISBN
978-4-339-04135-4
8件中 1件 - 8件