生体用テレメータ・電気刺激装置

ME選書 11

生体用テレメータ・電気刺激装置

基礎編では生体用テレメータ,電気刺激装置の基礎技術・方式等の基本事項を,応用編では医用モニタ・カプセル,植込式,医用データ通信,リハビリ,スポーツ医学,航空宇宙医学,動物行動学,人工ペースメーカを解説。

ジャンル
発行年月日
1980/07/25
判型
A5 上製/箱入り
ページ数
362ページ
ISBN
978-4-339-07009-5
生体用テレメータ・電気刺激装置
在庫あり・カバーなし

定価

4,950(本体4,500円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

基礎編では生体用テレメータ,電気刺激装置の基礎技術・方式等の基本事項を,応用編では医用モニタ・カプセル,植込式,医用データ通信,リハビリ,スポーツ医学,航空宇宙医学,動物行動学,人工ペースメーカを解説。

1. 基礎編
 1. テレメータの概要
 2. テレメータの基礎技術
 3. テレメータの方式
 4. 電気刺激装置
2. 応用編
 5. 医用モニタとテレメータ技術
 6. 医用カプセル
 7. 植込式テレメータ
 8. 人工ペースメーカ
 9. 医用データ通信
 10. リハビリテーションへの応用
 11. スポーツ医学への応用
 12. 航空宇宙医学の分野への応用
 13. 動物行動テレメトリ
 14. 生体用テレメータ・電気刺激装置の重要性と展望
索引

綿貫 てつ(ワタヌキ テツ)

内山 明彦(ウチヤマ アキヒコ)

池田 研二(イケダ ケンジ)