論理回路

電子情報通信レクチャーシリーズ B-5

論理回路

ディジタルシステムで実現される機能の数学的なモデルである論理関数と有限状態機械を,わかりやすく解説した。

ジャンル
発行年月日
2015/10/08
判型
B5
ページ数
140ページ
ISBN
978-4-339-01820-2
論理回路
在庫あり

定価

2,640(本体2,400円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介
  • 書籍紹介・書評掲載情報

ディジタルシステムで実現される機能の数学的なモデルである論理関数と有限状態機械を,論理回路として組合せ論理回路や同期式順序回路の形でCMOS論理素子を用いて設計する手法を図を多く用いてわかりやすく解説した。

1. ディジタルシステムの基礎
1 1 ディジタル方式とアナログ方式
1 2 ディジタル方式と2 進数
談話室2 進数表現と10 進数表現
1 3 ディジタルシステムと論理回路
本章のまとめ
理解度の確認

2. 論理代数と論理関数
2 1 論理代数
2 1 1 集合,2 項関係,関数,演算
2 1 2 論理代数の演算と性質
談話室双対原理
2 2 論理関数とその表現
2 2 1 論理関数
2 2 2 真理値表
2 2 3 論理式
2 2 4 2 分決定グラフ
談話室2 分決定グラフから進化したデータ構造
NP 完全問題
本章のまとめ
理解度の確認

3. 論理素子
3 1 MOS トランジスタとCMOS 回路
3 2 基本論理素子
本章のまとめ
理解度の確認

4. 論理式の最小化
4 1 論理式と論理回路
4 2 幾何学的表現とカルノー図
4 3 カルノー図を用いた論理式の最小化
談話室Quine-MaCluskey 法
不完全指定論理関数
本章のまとめ
理解度の確認

5. 組合せ論理回路の設計
5 1 論理式からの組合せ論理回路の設計
5 2 組合せ論理回路の遅延時間
5 3 組合せ論理回路の消費電力
本章のまとめ
理解度の確認

6. フリップフロップと記憶
6 1 受動素子による記憶
6 2 能動素子による記憶
6 3 マスタースレーブフリップフロップ
本章のまとめ

7. 有限状態機械
7 1 有限状態機械とは何か
7 2 有限状態機械の数学的定義
7 3 有限状態機械と順序回路
本章のまとめ
理解度の確認

8. 有限状態機械の状態数の最小化
8 1 有限状態機械と状態の等価性
8 2 状態数の最小化
8 3 状態数の最小化問題の解法
談話室不完全指定有限状態機械
本章のまとめ
理解度の確認

9. 同期式順序回路の設計
9 1 有限状態機械の順序回路による実現
9 2 同期式順序回路の設計手法
談話室設計自動化技術
9 3 クロック信号の生成
談話室クロック周期の保証
本章のまとめ
理解度の確認

10. 算術演算回路
10 1 加算回路
談話室桁上げ先見加算器
10 2 乗算回路
本章のまとめ
理解度の確認

引用・参考文献
理解度の確認;解説
索引

安浦 寛人(ヤスウラ ヒロト)

電子情報通信学会誌(平成28年3月1日発行)