高分子エレクトロニクス - 導電性高分子とその電子光機能素子化 -

高分子エレクトロニクス - 導電性高分子とその電子光機能素子化 -

高分子中の電子状態と電気伝導の基本,特に共役系の発達した導電性高分子を中心にその構造と作製法を解説した。また,分子構造に依存する多彩な電子・光物性とその起源,これらを用いたさまざまな機能応用についても述べた。

ジャンル
発行年月日
1996/07/25
判型
A5 上製
ページ数
384ページ
ISBN
978-4-339-00659-9
高分子エレクトロニクス - 導電性高分子とその電子光機能素子化 -
在庫あり

定価

5,500(本体5,000円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

高分子中の電子状態と電気伝導の基本,特に共役系の発達した導電性高分子を中心にその構造と作製法を解説した。また,分子構造に依存する多彩な電子・光物性とその起源,これらを用いたさまざまな機能応用についても述べた。

1. 序論
参考文献
2. 導電性高分子
2.1 はじめに
2.2 導電性高分子の分子構造
  2.2.1 ポリ(p-フェニレン)
  2.2.2 ヘテロアロマティック導電性高分子
  2.2.3 ポリ(p-フェニレンビニレン)
  2.2.4 ポリアニリン
  2.2.5 ポリアセチレン
2.3 共重合体
2.4 ポリ(アリレンエチニレン)
2.5 液晶性を示す導電性高分子
2.6 ドーパントの種類とドーピング方法
2.7 おわりに
参考文献
3. 導電性高分子の電子・光物性
3.1 はじめに
3.2 導電性高分子の電子状態
3.3 導電性高分子の絶縁体-金属転移と電子物性
3.4 導電性高分子の光学的性質
3.5 導電性高分子の磁気的性質
3.6 導電性高分子の機械的性質および熱的性質
3.7 加工成型性を示す導電性高分子
  3.7.1 導電性高分子の溶液物性
  3.7.2 導電性高分子の溶融性
3.8 おわりに
参考文献
4. 導電性高分子の電子状態の考え方
4.1 はじめに
4.2 導電性高分子の電子状態に関する理論
  4.2.1 箱型ポテンシャル
  4.2.2 単純ヒュッケル法
4.3 1次元系の不安定性,パイエルス転移
4.4 ソリトン
4.5 ポーラロン,バイポーラロン
4.6 ソリトン,ポーラロンの移動
参考文献
5. 導電性高分子の合成
5.1 はじめに
5.2 化学重合法
  5.2.1 前駆体高分子中間体を経由する導電性高分子の合成
  5.2.2 有機溶媒に可溶性を示す導電性高分子の合成
  5.2.3 ヘテロアロマティック導電性高分子の合成
  5.2.4 有機溶媒に可溶性を示す前駆体高分子からのポリ(2,,5-ヘテロアリレンビニレン)の合成
  5.2.5 ポリ(ヘテロアリレンビニレン)誘導体の合成
  5.2.6 ポリアニリンの合成
5.3 電気化学的重合法(電解重合法)
  5.3.1 ポリ(p-フェニレン)
  5.3.2 ポリピロール
  5.3.3 ポリチオフェン
  5.3.4 その他のヘテロアロマティック導電性高分子
  5.3.5 ポリアニリン
  5.3.6 その他の導電性高分子
  5.3.7 陰極還元重合による導電性高分子
5.4 おわりに
参考文献
6. 導電性高分子の製膜法
6.1 はじめに
6.2 電気化学的重合法
6.3 キャスティング法およびスピンコーティング法
6.4 分子セルフアセンブリ法
  6.4.1 分子セルフアセンブリ法の原理
  6.4.2 分子セルフアセンブリ法による製膜
6.5 ラングミュア-ブロジェット(LB)法
6.6 気相法
6.7 プラズマ重合法
6.8 おわりに
参考文献
7. 導電性高分子複合体
7.1 はじめに
7.2 導電性高分子-絶縁性高分子複合体
7.3 導電性高分子-フラーレン複合体:光誘起電荷移動と超伝導
  7.3.1 光誘起電荷移動
  7.3.2 超伝導
7.4 導電性高分子-フォトクロミック分子複合体
7.5 異種導電性高分子複合体
7.6 導電性高分子-無機物質複合体
7.7 おわりに
参考文献
8. 導電性高分子のエレクトロニクス応用
8.1 はじめに
8.2 コンデンサ
  8.2.1 はじめに
  8.2.2 電解コンデンサ
  8.2.3 ポリピロールを用いたアルミ電解コンデンサ
  8.2.4 ポリピロールを用いたタンタル固体電解コンデンサ
  8.2.5 ポリアニリン固体電解コンデンサ
  8.2.6 おわりに
8.3 電界発光素子
  8.3.1 はじめに
  8.3.2 導電性高分子の分子構造と電界発光
  8.3.3 導電性高分子電界発光素子の構造
  8.3.4 導電性高分子複合電界発光素子
  8.3.5 電界発光用導電性高分子の作製法と特性
  8.3.6 おわりに
8.4 エレクトロクロミズム
  8.4.1 はじめに
  8.4.2 導電性高分子のエレクトロクロミズム
  8.4.3 おわりに
8.5 二次電池
  8.5.1 はじめに
  8.5.2 電気化学の基礎
  8.5.3 二次電池
  8.5.4 おわりに
8.6 導電性高分子センサ
  8.6.1 はじめに
  8.6.2 センサ用素材としての導電性高分子の性質
  8.6.3 ガスセンサ
  8.6.4 湿度センサ
  8.6.5 温度センサ
  8.6.6 光センサ
  8.6.7 圧力,ひずみセンサ
  8.6.8 放射線センサ
  8.6.9 イオンセンサ
  8.6.10 バイオセンサ
  8.6.11 FETセンサ
  8.6.12 おわりに
8.7 その他の導電性高分子の応用
  8.7.1 はじめに
  8.7.2 導体,抵抗体としての応用
  8.7.3 電磁遮へい,電界緩和,帯電防止
  8.7.4 電子素子(ダイオード,トランジスタ,電界効果トランジスタ(FET)など)
  8.7.5 光記録
  8.7.6 アクチュエータ,人工筋肉
  8.7.7 印刷,その他
  8.7.8 分子素子,デバイス
  8.7.9 おわりに
参考文献
索引

吉野 勝美(ヨシノ カツミ)

小野田 光宣(オノダ ミツヨシ)