マルチメディアデータ入門

マルチメディアデータ入門

本書はマルチメディアデータ,すなわちテキスト,グラフィックス,サウンドおよびムービーに関するディジタル化の方法と原理,ファイル形式およびデータ圧縮法について,基本的な原理と代表的な技術を体系的に解説した。

ジャンル
発行年月日
2003/04/10
判型
B5
ページ数
310ページ
ISBN
978-4-339-02397-8
マルチメディアデータ入門
在庫僅少

定価

5,500(本体5,000円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書はマルチメディアデータ,すなわちテキスト,グラフィックス,サウンドおよびムービーに関するディジタル化の方法と原理,ファイル形式およびデータ圧縮法について,基本的な原理と代表的な技術を体系的に解説した。

1.マルチメディアデータの特質
1.1 ディジタルデータの普及とその応用
1.2 マルチメディアとディジタル
1.3 本書の構成

2.テキストデータ
2.1 文字の符号化
 2.1.1 文字セット
 2.1.2 符号化方式
 2.1.3 テキストデータの作成
2.2 テキストファイル
 2.2.1 表形式データファイル
 2.2.2 文書情報付きテキストファイル
2.3 テキストデータの圧縮
 2.3.1 シャノン/ファノ圧縮法
 2.3.2 ハフマン圧縮法
 2.3.3 算術圧縮法
 2.3.4 LZW圧縮法

3.グラフィックスデータ
3.1 グラフィックスイメージの表現方法
 3.1.1 ビットマップデータとベクトルデータ
 3.1.2 標本化と量子化
 3.1.3 解像度
 3.1.4 画面表示の仕組み
3.2 フォント
 3.2.1 ビットマップフォント
 3.2.2 アウトラインフォント
3.3 カラーモデルと色のディジタル表現
 3.3.1 カラーモデルの種類
 3.3.2 色のディジタル表現
3.4 グラフィックスファイル
 3.4.1 グラフィックスファイルのタイプと基本構造
 3.4.2 おもなグラフィックスファイル形式
3.5 グラフィックスデータの圧縮
 3.5.1 ランレングス圧縮法
 3.5.2 JPEG圧縮法

4.サウンドデータ
4.1 音の表現
4.2 サウンドデータのディジタル化
 4.2.1 ディジタルオーディオ
 4.2.2 MIDI
4.3 サウンドファイル形式
 4.3.1 AUファイル形式
 4.3.2 WAVEファイル形式
 4.3.3 SMF形式
4.4 サウンドデータの圧縮
 4.4.1 DPCM/ADPCM圧縮法
 4.4.2 μ法則/A法則圧縮法
 4.4.3 MPEGオーディオ圧縮法

5.ムービーデータ
5.1 ムービーデータのディジタル化
5.2 ムービーファイル形式
 5.2.1 AVIファイル形式
 5.2.2 QuickTimeファイル形式
5.3 ムービーデータの圧縮
 5.3.1 圧縮法の種類
 5.3.2 MPEG圧縮法

付録A N進数
付録B 周波数分析
索引

常盤 繁(トキワ シゲル)