ディジタル写真入門

ディジタル写真入門

写真の電子化として現れたディジタル写真について,写真システムとしての流れ,プロセス技術,機器,デバイス,ソフトウェアについて初歩的な段階から紹介した。またプロセスに用いる上記の機器の選択法についても記述した。

ジャンル
発行年月日
2000/04/10
判型
A5
ページ数
222ページ
ISBN
978-4-339-00718-3
ディジタル写真入門
在庫僅少

定価

3,080(本体2,800円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

写真の電子化として現れたディジタル写真について,写真システムとしての流れ,プロセス技術,機器,デバイス,ソフトウェアについて初歩的な段階から紹介した。またプロセスに用いる上記の機器の選択法についても記述した。

1. 写真のシステム
 1.1 写真画像と写真システム
 1.2 写真におけるアナログとディジタル
 1.3 ディジタル写真システムの流れと今後の展望

2. ディジタル画像
 2.1 データ化の原理
  2.1.1 アナログとディジタル
  2.1.2 写真画像
  2.1.3 ディジタルカメラ
 2.2 標本化
  2.2.1 銀塩写真の画素数
  2.2.2 ディジタル写真の画素数
  2.2.3 単版式ディジタルカメラの色の標本化と補間
 2.3 量子化
  2.3.1 量子化のビット数では決まらないディジタル写真の階調
  2.3.2 データ量
  2.3.3 データの圧縮

3. ディジタル写真の画像入力機器
 3.1 ディジタルカメラ
  3.1.1 ディジタルカメラの特性
  3.1.2 ディジタルカメラの進展
  3.1.3 ディジタルカメラの構成
  3.1.4 ディジタルカメラの種類
  3.1.5 ディジタルカメラの描写
  3.1.6 今後のディジタルカメラ
 3.2 スキャナ
  3.2.1 スキャナの特性
  3.2.2 走査の種類
  3.2.3 スキャナの種類
  3.2.4 スキャニングの実際

4. コンピュータとソフトウェア
 4.1 コンピュータ
  4.1.1 パソコンの基本構成
  4.1.2 外部記憶装置
  4.1.3 外部機器との接続
 4.2 画像処理ソフト
  4.2.1 画像処理の基本と機器の調整
  4.2.2 画像処理ソフトの操作とその問題点
  4.2.3 ドローソフトとDTPソフト

5. 撮影画像の出力-プリンタとディスプレイ-
 5.1 画像出力プロセス
  5.1.1 ハードコピーとソフトコピー
  5.1.2 ハードコピー出現の歴史
  5.1.3 ソフトコピー出現の歴史
 5.2 各種カラーハードコピープリンタとその特性
  5.2.1 光方式プリンタ
  5.2.2 熱転写方式プリンタ
  5.2.3 直接感熱方式プリンタ
  5.2.4 インクジェット方式プリンタ
 5.3 ソフトコピーとハードコピーの連係
  5.3.1 ソフトコピーとハードコピーの相関性
  5.3.2 カラーマネージメント

6. 機器の選択
 6.1 ディジタルカメラを選ぶ
  6.1.1 動体と静物-被写体による選択
  6.1.2 画質による選択
  6.1.3 カメラのタイプによる選択
  6.1.4 メモリの形式による選択
 6.2 スキャナを選ぶ
  6.2.1 フィルムスキャナ
  6.2.2 フラットベッドスキャナ
 6.3 プリンタを選ぶ
  6.3.1 プリンタの選択
  6.3.2 プリンタの種類
  6.3.3 選ぶ要素
  6.3.4 今後のプリンタ選択
 6.4 入出力の外注
  6.4.1 外注の目的
  6.4.2 入力の外注
  6.4.3 出力の外注

7. ディジタル写真の技術規格と用語
 7.1 技術規格
 7.2 用語

参考文献
索引

大野 信(オオノ マコト)

甲田 謙一(コウダ ケンイチ)

内藤 明(ナイトウ アキラ)