伝送回路

電子通信大学講座 14

伝送回路

回路理論の初歩から伝送回路の合成に至る基礎理論を述べ,更に高度の理論へ進む助けとした。概要は電気回路,四端子回路,インピーダンス関数,伝達イミタンス,回路合成,伝達量ほか。

ジャンル
発行年月日
1963/06/30
判型
A5 上製
ページ数
448ページ
ISBN
978-4-339-00082-5
伝送回路
在庫僅少・カバーなし

定価

4,840(本体4,400円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

回路理論の初歩から伝送回路の合成に至る基礎理論を述べ,更に高度の理論へ進む助けとした。概要は電気回路,四端子回路,インピーダンス関数,伝達イミタンス,回路合成,伝達量ほか。

1. 電気回路
2. 四端子回路
3. インピーダンス関数
4. 伝達イミタンス
5. 回路の合成
6. 伝送量
7. 動作伝送量による回路合成
8. 分布定数回路
9. 分布定数フィルタ
参考書
付録

佐藤 利三郎(サトウ リサブロウ)