書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 科学一般  / 技術者倫理  / 技術者倫理  > エンジニアのための失敗マニュアル

書籍詳細

  エンジニアのための失敗マニュアル
- 痛快な珍問答と失敗のてんまつ -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

涌井伸二 東京農工大大学院教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2015/01/23 , 判 型: A5,  ページ数:190頁

ISBN:978-4-339-07797-1,  定 価:2,592円 (本体2,400円+税)

学生達の何気ない会話を取り上げ,次に実際に彼らがおかした失敗,さらに著者自身が若手技術者時代におかした失敗の実例を紹介。「人のふり見て我がふり直せ」というように,擬似失敗体験で実際の場面での失敗防止に役立ててほしい。

【目次】

1. 序論
1.1 感激と記憶
1.2 経験が大事
1.3 失敗の経験
1. 序論
1.1 感激と記憶
1.2 経験が大事
1.3 失敗の経験

2. ボキャ貧と気づきの貧弱さ
2.1 ボキャ貧の実態
 2.1.1 技術会話の例(電気電子関係の技術用語)
 2.1.2 技術会話の例(機械関係の技術用語)
 2.1.3 話し方・聞き方の問題
 2.1.4 日常会話の例(話が途切れる語彙の貧弱さ)
 2.1.5 私の場合
2.2 ボキャ貧が招く失敗
2.3 気づきの貧弱さが事故につながる予感
 2.3.1 交通事故
 2.3.2 電源の遮断
 2.3.3 半田ごての不用意な電源投入
 2.3.4 ケーブル越え事件

3. 態度
3.1 遅刻そして朝の挨拶のこと
3.2 フレックスタイム制度の光と影
3.3 居眠り事件
3.4 椅子に座っていられる才能
 3.4.1 椅子に座っていられない学生と企業人
 3.4.2 卒論の見直し
3.5 エプロン事件
3.6 サンダル履き事件
3.7 尻ブチ先生の教育
3.8 注意書きは景色の一部となる(その1)
3.9 注意書きは景色の一部となる(その2)
3.10 重量物持ち上げ作業に見る事故の予感

4. 機械はやさしく
4.1 プリンタのトレイ故障事件
4.2 ねじ締め事件
4.3 空圧レギュレータの破壊
4.4 半田ごての破壊
4.5 ねじは緩むもの
4.6 機械は生き物のように動く
4.7 空気漏れ事件
4.8 ICの抜き差し作業

5. 電気接続のこと
5.1 半田付けのいろいろ
 5.1.1 半田ボールや配線の折れ
 5.1.2 ハウジングの接続
 5.1.3 BNCケーブルの半田付け
 5.1.4 バナナの半田付け
5.2 テンションによる断線事件
5.3 エナメル線は皮膜をむく
5.4 電気を通すには2本の配線が必要
5.5 アクティブ素子を動かすには電源が必要
5.6 電気信号の加算
5.7 オシロスコープは何のために使用?
 5.7.1 減衰振動波形
 5.7.2 オーバシュート
 5.7.3 オフセットとドリフト
 5.7.4 ノイズなの?
 5.7.5 10:1と1:1のプローブ
 5.7.6 DCカップリングとACカップリング
 5.7.7 プローブの校正
5.8 ショート事故
5.9 筺体アース

6. 失 敗 の 事 例
6.1 抵抗からの発煙事故
6.2 装置からの発煙事故
6.3 INとOUTの誤認による失敗(その1)
6.4 INとOUTの誤認による失敗(その2)
6.5 感電事故
6.6 大規模プロジェクトの失敗
付録 アナロジの効用
A.1 時間領域と周波数領域
A.2 コンプリメンタリ・ペア,相補型トランジスタ
A.3 垂下特性
A.4 スライディングモード制御
A.5 PID制御
 A.5.1 織田・豊臣・徳川とPID制御
 A.5.2 現在・過去・未来とPID制御
A.6 除振装置の空気ばね
おわりに
引用・参考文献
索引

新社会人向け書籍・新入生向け書籍




【おすすめ本】

【書評・広告掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。