書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 情報工学  / 情報ネットワーク(一般、セキュリティ)  / 情報ネットワーク基礎  > 通信ネットワーク技術の基礎と応用

書籍詳細

  通信ネットワーク技術の基礎と応用
- 物理ネットワークからアプリケーションまでのICTの基本を学ぶ -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

山中直明 慶大教授 工博 著

馬場健一 工学院大教授 博士(工学) 著

淺谷耕一 工学院大名誉教授 工博 著

発行年月日:2018/10/31 , 判 型: A5,  ページ数:244頁

ISBN:978-4-339-00915-6,  定 価:3,132円 (本体2,900円+税)

本書はネットワーク技術を基礎技術からアプリケーションまで,コンピュータ通信から,電話,無線といった,広くかつ深く解説している。また,単なる説明書ではなく,その技術の背景(Why)にあるものの考え方に焦点を当てて解説。

【目次】

★発行前情報のため,若干変更されることがございます。ご了承ください。★

1. 情報通信ネットワークの基礎
1.1 ネットワーク発展の経緯
1.2 ネットワーク要素と基本機能
★発行前情報のため,若干変更されることがございます。ご了承ください。★

1. 情報通信ネットワークの基礎
1.1 ネットワーク発展の経緯
1.2 ネットワーク要素と基本機能
1.3 プロトコルとOSI階層モデル
1.4 ネットワークアーキテクチャ

2. ネットワークの機能と形態
2.1 サーバ-クライアント型ネットワークとピアツーピアネットワーク
2.2 コネクション型ネットワークとコネクションレス型ネットワーク
2.3 トランスポート層におけるコネクション
2.4 ネットワークの構造と形態
2.5 メディア共有型トポロジー
2.6 物理リンクと論理リンク
2.7 伝送媒体ネットワーク,パスネットワーク,回線ネットワーク

3. 情報メディアのディジタル符号化
3.1 情報源の符号化
3.2 ナイキストの定理
3.3 音声符号化
3.4 オーディオ情報符号化
3.5 画像符号化

4. アクセスネットワーク技術
4.1 アクセスネットワークとコアネットワーク
4.2 xDSL
4.3 光アクセス
4.4 ケーブルアクセス
4.5 ISDNアクセス
4.6 無線アクセス
4.7 携帯電話

5. 物理レイヤとデータリンクレイヤ
5.1 アナログ伝送とディジタル伝送
5.2 伝送媒体
5.3 ディジタル変調
5.4 ディジタル中継伝送
5.5 多重化方式
5.6 ラベル多重方式と時間位置多重方式
5.7 非同期多重方式と同期多重方式
5.8 ビット同期とオクテット同期
5.9 伝送ハイアラーキ

6. マルチアクセスとLANの技術
6.1 ペイロード,スループット,ネットワーク負荷率
6.2 共有メディアとマルチアクセス制御
6.3 ランダムアクセス型プロトコル
6.4 送信権巡回型プロトコル
6.5 チャネル割当て型プロトコル

7. 電話のネットワークと技術
7.1 番号とハイアラーキ
7.2 静的経路制御と動的経路制御
7.3 電話ネットワークの経路制御
7.4 電話交換の原理
7.5 輻輳制御機能

8. インターネットのネットワーク層プロトコル
8.1 インターネット
8.2 IPアドレス
8.3 IPネットワークの経路制御

9. インターネットのトランスポート層とフロー制御
9.1 インターネットにおけるトランスポート層
9.2 UDP
9.3 TCP
9.4 TCP転送ポリシーと輻輳制御
9.5 輻輳ウィンドウとスロースタート

10. トラヒックエンジニアリング
10.1 トラヒック設計
10.2 通信トラヒックと呼量
10.3 通信トラヒックモデル
10.4 回線交換ネットワークにおける交換機出回線数
10.5 パケット通信のトラヒック設計
10.6 大群化効果と分割損

11. VoIPと次世代ネットワークNGN
11.1 IP電話
11.2 電話番号計画とIPアドレス
11.3 IP電話番号とIPアドレス変換
11.4 IP電話の基本構成
11.5 プロトコルモデル
11.6 H.323制御プロトコル
11.7 SIP
11.8 NGNの背景と狙い
11.9 NGNの概要と基本構造
11.10 NGNアーキテクチャ
11.11 NGNの構成例

12. 将来のネットワーク
12.1 データセンタネットワークとSDN
12.2 サービスチューニング
12.3 データセントリックネットワーク
12.4 IoTネットワーク
12.5 電力制御とスマートグリッド

引用・参考文献
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。