機械デザイン

機械デザイン

機械工学者を目指す学生に必要な,意思伝達手段としての描画(製図図学)法入門の教科書である。描線法基礎,各種描画法,三面図,グラフ表現,プレゼンテーションの五章で構成し,随所に演習問題を配した。

ジャンル
発行年月日
2002/01/18
判型
B5
ページ数
150ページ
ISBN
978-4-339-04561-1
機械デザイン
在庫あり

定価

2,860(本体2,600円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • レビュー
  • 著者紹介

機械工学者を目指す学生に必要な,意思伝達手段としての描画(製図図学)法入門の教科書である。描線法基礎,各種描画法,三面図,グラフ表現,プレゼンテーションの五章で構成し,随所に演習問題を配した。

オリエンテーション

I.描画の基本技術
 1. 直線描画技術の基礎
 2. 円弧等の曲線描画技術の基礎
 3. 直線と円弧の連結描画技術
 4. 平行線の描画技術
 課題 I

II.製図の基本
 5. 特徴の抽出
 6. 図法の分類
 7. 直軸測投影図
 8. 斜軸測投影図
 9. 透視投影図
 課題 II

III.図面の解析
 10. 三面正投影図と交点
 11. 切断
 12. 陰影
 13. 相貫
 14. 履歴と展開
 課題 III

IV.グラフの作成と解釈
 15. 視覚のパターン認識効果
 16. 離心率と関連する基本曲線
 17. 物理現象を記述する曲線
 18. グラフの分類と特性
 19. 分類と補間
 課題 IV

V.プレゼンテーション
 20. プレゼンテーションとは何か
 21. 要素と構成
 22. 配置
 課題 V

索引

amazonレビュー

御法川 学(ミノリカワ ガク)

直井 久(ナオイ ヒサシ)