FORTRANで学ぶプログラミング基礎

FORTRANで学ぶプログラミング基礎

本書は単なるFORTRANの教科書ではなく,FORTRANを通してプログラミングを学ぶための解説書である。文法について一通り説明した後,プログラミング上重要と思われるいくつかの応用問題を説明する。

ジャンル
発行年月日
1996/12/20
判型
A5
ページ数
208ページ
ISBN
978-4-339-02342-8
FORTRANで学ぶプログラミング基礎
在庫僅少

定価

2,750(本体2,500円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は単なるFORTRANの教科書ではなく,FORTRANを通してプログラミングを学ぶための解説書である。文法について一通り説明した後,プログラミング上重要と思われるいくつかの応用問題を説明する。

1. プログラミングとは
1.1 プログラミング言語
1.2 科学技術計算とFORTRAN
1.3 プログラミングの概要
2. 基本演算
2.1 変数と定数
2.2 算術式
2.3 データ型
2.4 入出力と書式
3. 分岐と繰り返し
3.1 フローチャート
3.2 IF文
3.3 GO TO文
3.4 DO文
4. 関数とサブルーチン
4.1 関数の考え方
4.2 組込み関数
4.3 文関数
4.4 主プログラムと副プログラム
4.5 関数副プログラム
4.6 サブルーチン副プログラム
4.7 INTRINSIC文とEXTERNAL文
5. 配列と文字処理
5.1 1次元配列
5.2 2次元配列
5.3 文字処理
6. 応用
6.1 複素数
  6.1.1 複素数の四則演算
  6.1.2 フーリエ変換
6.2 命題論理
  6.2.1 命題論理の概要
  6.2.2 真理値表
6.3 ソート
  6.3.1 バブルソート
  6.3.2 クイックソート
  6.3.3 ソート比較
6.4 連立方程式の解法
  6.4.1 ガウスの消去法
  6.4.2 プログラム
6.5 数値積分
  6.5.1 シンプソン則
  6.5.2 プログラム
6.6 ニュートン法
  6.6.1 手順
  6.6.2 プログラム
6.7 常微分方程式の解法
  6.7.1 ルンゲ・クッタ法
  6.7.2 二次のルンゲ・クッタ法
  6.7.3 三次のルンゲ・クッタ法
  6.7.4 四次のルンゲ・クッタ法
  6.7.5 誤差について
  6.7.6 実効と評価
6.8 図形処理
  6.8.1 ヒストグラム
  6.8.2 リサージュ図形
7. FORTRAN90/95
7.1 FORTRANの歴史
7.2 FORTRAN90/95の新しい仕様
索引

赤間 世紀(アカマ セイキ)

平澤 一浩(ヒラサワ カズヒロ)