BASIC演習 入門からファイル操作まで

BASIC演習 - 入門からファイル操作まで -

日常的なデータを蓄積し,処理することに重点を置いたBASICプログラミングの入門書。演習問題をもとに,初歩から,処理データにあわせてファイル構造を自由に設計できるようになるまで解説した。

ジャンル
発行年月日
1991/03/25
判型
A5
ページ数
260ページ
ISBN
978-4-339-02291-9
BASIC演習 入門からファイル操作まで
在庫僅少・カバーなし

定価

3,190(本体2,900円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

日常的なデータを蓄積し,処理することに重点を置いたBASICプログラミングの入門書。演習問題をもとに,初歩から,処理データにあわせてファイル構造を自由に設計できるようになるまで解説した。

学習の前に
1 入門1(基本命令)
1.1 アルゴリズム
1.2 計算機の働き
1.3 BASICを実際に動かす
1.4 IF文と判断の箱
1.5 PRINT文
1.6 INPUT文:キーボードからの入力
1.7 計算と計算機の基本操作
1.8 計算式
1.9 関数
1.10 少し複雑な判断の箱
1.11 プログラムの清書法(スタイリング)
章末問題
2 入門2(データ型)
2.1 計算機の内部表現
2.2 文字と文字列の操作
2.3 文字列の関係演算
2.4 配列(添字付き変数)
2.5 配列とデータ文
2.6 2次元の配列と作表
章末問題
3 プログラムの構造
3.1 簡単なデータの記録方法
3.2 構造化プログラムとWHILE~WEND文
3.3 確定的繰り返しとFOR~NEXT文
3.4 複合条件と論理演算
3.5 サブルーチン
3.6 プログラムの構造
章末問題
4 アルゴリズムの設計
4.1 最大値を選ぶ
4.2 整列「最大値法」
4.3 整列「原始的泡立ち法」とスイッチ変数
4.4 泡立ち法の改良
5 ランダムファイル(ファイル操作)
5.1 ランダムファイルの意味
5.2 レコード構造を設計する
5.3 ランダムファイルの生成
5.4 ランダムファイルのデータを修正する
5.5 ランダムファイルの応用1(項目管理)
5.6 ランダムファイルの応用2(索引ファイルを作る)
5.7 つなぎリストとタッグ式索引
終わりに
付録
1. 漢字の取り扱い
2. シーケンシャルファイル
3. 異なる計算機システムの間でのファイルの交換
引用・参考文献
索引

峯山 晴紀(ミネヤマ ハルキ)