ポイントで学ぶ 電気回路 直流・交流基礎編

ポイントで学ぶ 電気回路 直流・交流基礎編

本書は,株式会社昭晃堂から発行されていた「ポイントで学ぶ電気回路-直流・交流基礎編-」(ISBN978-4-7856-1227-6)を,コロナ社が継続して発行したものである。

ジャンル
発行年月日
2015/01/30
判型
A5
ページ数
210ページ
ISBN
978-4-339-00871-5
ポイントで学ぶ 電気回路 直流・交流基礎編
在庫あり

定価

3,080(本体2,800円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は,株式会社昭晃堂から発行されていた「ポイントで学ぶ電気回路-直流・交流基礎編-」(ISBN978-4-7856-1227-6)を,コロナ社が継続して発行したものである。

1. 直流回路
1.1 電流と電圧
1.2 オームの法則
1.3 抵抗の直並列接続
1.4 電力と電力量
1.5 電力の図式表示
1.6 電池の起電力と端子電圧
1.7 定電圧源・定電流源
1.8 負荷への最大供給電力
1.9 直流に対するコンデンサの働き
1.10 線形抵抗と非線形抵抗
演習問題

2. 直流回路の法則・定理
2.1 分圧の法則・分流の法則
2.2 キルヒホッフの法則
2.3 ブリッジ回路
2.4 重ね合せの理
2.5 テブナンの定理
2.6 ノートンの定理
2.7 抵抗のΔ形結線-Y形結線の等価変換
2.8 特別な形をした抵抗回路
演習問題

3. 正弦波交流回路
3.1 正弦波交流の表し方
3.2 正弦波交流の平均値および実効値
3.3 基本素子の回路
3.4 基本回路の計算
3.5 正弦波交流回路の電力
3.6 相互誘導回路
演習問題

4. 複素数表示による正弦波交流回路
4.1 複素数の導入
4.2 正弦波の複素数表示
4.3 回路素子の複素数表示
4.4 交流回路における基本的な法則
4.5 複素数表示による基本回路の計算
4.6 R,L,Cの直列・並列回路と共振
4.7 電力の複素数表示
演習問題

5. 回路解析の基礎
5.1 自己インダクタンスの直並列接続
5.2 相互インダクタンス
5.3 交流ブリッジ回路
5.4 ベクトル軌跡
演習問題

6. 回路解析法
6.1 枝電流法
6.2 閉路電流法
6.3 節点電圧法
演習問題

7. 回路解析の諸定理
7.1 重ね合せの理
7.2 テブナンの定理
7.3 ノートンの定理
7.4 ミルマンの定理
7.5 補償の定理
7.6 相反定理
7.7 回路の双対性と双対回路
7.8 逆回路
7.9 定抵抗回路
演習問題

付録
A クラーメルの方法
B 数学の公式
C 行列

演習問題・略解答
参考文献
索引