電子光計測

電子光計測

本書は,光計測部品をマイクロマシン技術によって集積化し,メンテナンス不要で操作しやすくなった電子光計測技術について記述し,内容を厳選するとともに図を多用し,電子光計測の基礎から応用までわかりやすく解説した。

ジャンル
発行年月日
2004/08/20
判型
A5
ページ数
176ページ
ISBN
978-4-339-00766-4
電子光計測
在庫あり

定価

2,420(本体2,200円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は,光計測部品をマイクロマシン技術によって集積化し,メンテナンス不要で操作しやすくなった電子光計測技術について記述し,内容を厳選するとともに図を多用し,電子光計測の基礎から応用までわかりやすく解説した。

1章 計測工学の基礎
 1.1 計測技術概要
  1.1.1 技術分野
  1.1.2 変換法
 1.2 測定誤差とその扱い
  1.2.1 単位系
  1.2.2 誤差
  1.2.3 統計処理
 1.3 センサデバイス
  1.3.1 センサの種類と特性
  1.3.2 物性型センサ
  1.3.3 構造型センサ
 1.4 光電変換技術
  1.4.1 光波長と検出原理
  1.4.2 ホトダイオード
  1.4.3 イメージセンサ
 1.5 センサシステム
  1.5.1 計測系での信号の流れ
  1.5.2 アナログ信号処理
  1.5.3 ディジタル信号処理
  1.5.4 データ伝送と自動計測
 演習問題

2章 光計測の基礎
 2.1 光計測概要
  2.1.1 光の歴史と関連部品
  2.1.2 光波の反射と屈折
  2.1.3 光計測の代表例
 2.2 干渉応用計測
  2.2.1 干渉理論
  2.2.2 干渉計測と縞解析
  2.2.3 ホログラフィーによる3次元変位計測
 2.3 回折応用計測
  2.3.1 回折理論
  2.3.2 トラック誤差信号
  2.3.3 分光測定
 演習問題

3章 電子光計測
 3.1 光ファイバセンサ
  3.1.1 光ファイバの構造と特徴
  3.1.2 伝送路型光ファイバセンサ
  3.1.3 機能型光ファイバセンサ
 3.2 光集積回路応用センサ
  3.2.1 光導波路集積センサ
  3.2.2 半導体レーザ集積センサ
 3.3 マイクロマシン応用センサ
  3.3.1 MEMSセンサの特徴
  3.3.2 シリコンベースのMEMSセンサ
  3.3.3 半導体レーザベースのMEMSセンサ
 演習問題

4章 多次元光計測
 4.1 多重計測
 4.2 複合計測
  4.2.1 バイオセンサ
  4.2.2 においセンサ
  4.2.3 視覚センサ
 4.3 物体・環境計測
  4.3.1 距離センサ
  4.3.2 センサ情報の統合
 演習問題

5章 先端光計測
 5.1 光圧関連計測
  5.1.1 光圧の測定
  5.1.2 光トラップ力の測定
 5.2 光近接場応用計測
  5.2.1 光近接場プローブ
  5.2.2 ホトカンチレバーによるエパネッセント光の測定
  5.2.3 光ピンセットプローブによるグレーティングの測定
  5.2.4 表面プラズモン共鳴を利用した高感度光センサ
 5.3 ナノ光計測
  5.3.1 べん毛の回転速度の計測
  5.3.2 ミオシン分子の動きと力の計測
  5.3.3 1分子計測
  5.3.4 アクティブナノ計測
 演習問題

付録
引用・参考文献
演習問題の略解
索引