数値計算法演習

電子情報通信学会 大学シリーズ演習 3

数値計算法演習

電子情報通信学会大学シリーズ「数値計算法」に準拠した演習書。言語はBASICを使用し,豊富な例題と共に,問題は基本演習とやや高度の研究課題に分け,独習書としても使えるよう配慮。

ジャンル
発行年月日
1988/12/20
判型
A5 上製
ページ数
160ページ
ISBN
978-4-339-00252-2
数値計算法演習
在庫僅少

定価

2,420(本体2,200円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

電子情報通信学会大学シリーズ「数値計算法」に準拠した演習書。言語はBASICを使用し,豊富な例題と共に,問題は基本演習とやや高度の研究課題に分け,独習書としても使えるよう配慮。

1. 数値計算の心得
2. 補間
2.1 表を引いて補間する
2.2 ラグランジュの補間公式
2.3 差分(階差)表による補間
3. 数値積分
3.1 等間隔分点を用いる数値積分公式
3.2 不等間隔分点を用いる積分公式
4. 過渡現象のシミュレーション
4.1 基本的な考え方
4.2 回路解析への応用
5. 常微分方程式
5.1 1階常微分方程式
5.2 連立常微分方程式
5.3 2階以上の常微分方程式
6. 非線形方程式の解法
6.1 逐次代入法
6.2 ニュートン法
6.3 二分法
7. 高次代数方程式の解法
7.1 方程式の変形
7.2 3次方程式と4次方程式
7.3 ベアストウ・ヒチコック法
7.4 DKA法
8. 連立1次方程式
8.1 ガウスの消去法
8.2 回路網解析への応用
9. 逆行列と三角分解
9.1 逆行列
9.2 三角分解
10. 偏微分方程式の差分解法
10.1 差分
10.2 ラプラス方程式
10.3 熱方程式
10.4 波動方程式
10.5 補講(偏微分方程式の型の分類)
11. 固有値問題
11.1 ヤコビ法
11.2 偏微分方程式の固有値問題

戸川 隼人(トガワ ハヤト)