Webサービス時代の経営情報技術

Webサービス時代の経営情報技術

本書は経営戦略にISを一致させる技術を取り上げた。ITの立場から経営システムの在り方に貢献する経営情報技術の新しい側面,経営とISの整合性を前進させる技術とWebサービスを活用した新たな経営情報技術まで説明している。

ジャンル
発行年月日
2009/02/25
判型
B5
ページ数
184ページ
ISBN
978-4-88552-235-2
Webサービス時代の経営情報技術
在庫あり

定価

3,300(本体3,000円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は経営戦略にISを一致させる技術を取り上げた。ITの立場から経営システムの在り方に貢献する経営情報技術の新しい側面,経営とISの整合性を前進させる技術とWebサービスを活用した新たな経営情報技術まで説明している。

1. 序論
 1.1 本書のねらい
 1.2 本書の構成
 1.3 生き残りを目指そう
 1.4 IEICE SGC-SWIMとは

2. ビジネス改革の概念,実際の手法,事例
 2.1 現代の経営環境におけるビジネスのモデル化
 2.2 ビジネスモデルの事例
 2.3 ビジネス改革のためのビジネスプロセスモデル化
 2.4 ビジネスプロセスモデル化手法
 2.5 まとめ

3. モデル化における正当性検証
 3.1 はじめに
 3.2 モデル化における正当性とは
 3.3 正当性の検証方法
 3.4 正当性検証とモデル化プロセス
 3.5 展望
 3.6 まとめ

4. ビジネス改革像に基づくソフトウェア実現
 4.1 ビジネス改革像
 4.2 ビジネス改革像からソフトウェア実現への方法
 4.3 個別システム開発によるソフトウェア実現
 4.4 パッケージ利用によるソフトウェア実現
 4.5 SOA活用によるソフトウェア実現
 4.6 まとめ

5. ソフトウェア技術革新―マッシュアップ―
 5.1 はじめに
 5.2 エンタプライズでの利用加速化
 5.3 エンタプライズでのマッシュアップ利用の業務分類
 5.4 マッシュアップ実現方式
 5.5 マッシュアップの利用の課題
 5.6 まとめ

6. サービスコンピューティングの核心
 6.1 用語の混乱
 6.2 SVCとSOAの違い
 6.3 SVCの柱:SOA
 6.4 サービス
 6.5 SOAたる条件
 6.6 メッセージ制御環境
 6.7 BPの設計から実装の記述
 6.8 SOAに関する五大教訓
 6.9 まとめ

7. SOAの電子自治体への適用事例
 7.1 電子自治体システムの現状と課題
 7.2 電子自治体システムのあるべき姿
 7.3 UMLを利用したシステム最適化の試み
 7.4 SOAによる分散開発の推進
 7.5 SOAによる新たなビジネスモデル
 7.6 まとめ

付録 情報システムの発展経緯
 付録1 情報システムと情報システム工学
 付録2 情報システム工学と制御工学におけるモデル化の対比
 付録3 経営における情報システムの役割
 付録4 情報システム構築技法の過去から現在まで
 付録5 まとめ

用語集
索引

松本 正雄(マツモト マサオ)