呼吸と代謝

ME教科書シリーズ B-2

呼吸と代謝

細胞の集合体である人体を,酸素を電子受容体とする一つのシステムとして捉え,システム,細胞呼吸,内部呼吸,外呼吸,肺のメカニズム,という構成で細胞という単一システムがヒトという大規模システムに発展する軌跡をたどる。

ジャンル
発行年月日
2000/11/30
判型
B5
ページ数
134ページ
ISBN
978-4-339-07142-9
呼吸と代謝
在庫あり

定価

2,530(本体2,300円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

細胞の集合体である人体を,酸素を電子受容体とする一つのシステムとして捉え,システム,細胞呼吸,内部呼吸,外呼吸,肺のメカニズム,という構成で細胞という単一システムがヒトという大規模システムに発展する軌跡をたどる。

1. 序論―実験科学の台頭

2. システム
2.1 システム…5
2.2 分権化と統合…7

3. 細胞呼吸
3.1 呼吸の代謝的側面…10
3.2 原核細胞の呼吸…18
 3.2.1 構造…18
 3.2.2 代謝…23
3.3 真核細胞の呼吸…25
 3.3.1 構造…25
 3.3.2 代謝…29
3.4 自由エネルギー…36

4. 内部環境
4.1 輸送系…39
 4.1.1 輸送系…39
 4.1.2 体液…41
4.2 水素イオン濃度…44
 4.2.1 水素イオン濃度pH…45
 4.2.2 弱酸…46
 4.2.3 両性イオン…50
 4.2.4 水素イオン濃度の乱れ…51
4.3 ガスの運搬…53
 4.3.1 分圧…53
 4.3.2 炭酸ガス運搬…56
 4.3.3 酸素運搬…58
 4.3.4 血液ガスの測定…60

5. 外呼吸
5.1 肺の形成…63
5.2 形態…64
 5.2.1 気道系…65
 5.2.2 呼吸実質…66
 5.2.3 肺の脈管系…67
5.3 換気…70
 5.3.1 肺胞気…71
 5.3.2 肺胞気式…73
 5.3.3 肺胞換気量血流比…75
 5.3.4 肺胞におけるガス交換の実際…78

6. 肺のメカニクス
6.1 気道抵抗…81
 6.1.1 ボデープレチスモグラフ法…82
 6.1.2 計測…93
 6.1.3 成績…95
 6.1.4 異常気道抵抗軌跡…99
6.2 肺の理論モデル…103
 6.2.1 モデルの数学的記述…103
 6.2.2 成績…107

7. システムの破綻
 
引用・参考文献…115
あとがき…119
索引…121

小野 功一(オノ コウイチ)