工業熱力学入門 初歩の統計熱力学からサイクル論へ

工業熱力学入門 - 初歩の統計熱力学からサイクル論へ -

本書は,高等学校までに学んできた物理学,化学,数学の知識と,大学における機械工学の工業熱力学に必要な知識を,初歩的な統計熱力学によって橋渡しすることを目的として編集した工業熱力学の入門書である。

ジャンル
発行年月日
1996/09/30
判型
A5 上製
ページ数
168ページ
ISBN
978-4-339-04324-2
工業熱力学入門 初歩の統計熱力学からサイクル論へ
在庫あり

定価

2,530(本体2,300円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

本書は,高等学校までに学んできた物理学,化学,数学の知識と,大学における機械工学の工業熱力学に必要な知識を,初歩的な統計熱力学によって橋渡しすることを目的として編集した工業熱力学の入門書である。

1. 気体の状態
1.1 連続体
1.2 気体分子運動論
1.3 量子論
2. 確率と統計
2.1 確率と場合の数
2.2 2価モデル系の統計
3. エネルギーとエントロピー
3.1 エネルギー
3.2 運動エネルギーと仕事
3.3 エントロピーと温度
3.4 熱力学の法則
3.5 熱力学の恒等式
3.6 熱と仕事と系
4. 分配関数と自由エネルギー
4.1 ボルツマン因子と分配関数
4.2 自由エネルギーと化学ポテンシャル
4.3 熱力学の物理量
5. 理想気体
5.1 状態式
5.2 マクスウェル分布
5.3 比熱
5.4 過程
  5.4.1 等温変化,等容変化および等圧変化
  5.4.2 等エントロピー変化と等エンタルピー変化
6. 実在気体
6.1 ファン・デル・ワールス式と相変化
6.2 ジュール・トムソン効果
7. サイクル論とエクセルギー
7.1 熱機関とサイクルの基本的要件
7.2 原動機
7.3 冷凍機
7.4 エクセルギー
8. 熱機関のサイクル
8.1 サイクルの種類
8.2 ガスサイクル
  8.2.1 等容サイクル
  8.2.2 等圧サイクル
  8.2.3 ブレイトンサイクル
8.3 相変化サイクル
  8.3.1 ランキンサイクル
  8.3.2 相変化を利用した冷凍サイクル
  8.3.3 低温用冷却液化サイクル
8.4 希釈冷凍サイクル
9. 熱物質輸送
9.1 輸送過程
  9.1.1 平均自由行程
  9.1.2 輸送係数
9.2 表面張力
9.3 熱放射
付録
参考文献
索引

竹中 信幸(タケナカ ノブユキ)