環境計量士 国家試験問題の傾向と解説 - 7.化学分析及び音響・振動概論 -

環境計量士 国家試験問題の傾向と解説 - 7.化学分析及び音響・振動概論 -

〔内容〕分析対象成分,試薬の化学的性状/化学計算/サンプリング/試料の前処理/キレート,抽出,マスキング/吸光分析/原子吸光分析/イオン変換ほか

ジャンル
発行年月日
1985/11/15
判型
A5
ページ数
206ページ
ISBN
978-4-339-03096-9
環境計量士 国家試験問題の傾向と解説 - 7.化学分析及び音響・振動概論 -
在庫僅少・カバーなし

定価

2,640(本体2,400円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

〔内容〕分析対象成分,試薬の化学的性状/化学計算/サンプリング/試料の前処理/キレート,抽出,マスキング/吸光分析/原子吸光分析/イオン変換ほか

第1章 分析の基本操作及び分析化学の基礎知識
第2章 分析対象成分、試薬の化学的性状
第3章 化学計算
第4章 サンプリング
第5章 試料の前処理
 (1) 無機成分
 (2) 有機成分
第6章 キレート、抽出、マスキング 
第7章 吸光分析
 (1) 発色試薬、発色反応
 (2) 吸光分析の原理
第8章 原子吸光分析
第9章 イオン交換
第10章 クロマトグラフィー
 (1) 全般
 (2) ガスクロマトグラフィー
 (3) TLC
第11章 ダスト、浮遊粉じん、エーロゾルの測定
第12章 pHと測定
第13章 分析方法の選択
第14章 水質分析
第15章 水質汚濁指標
第16章 排ガス分析
第17章 残留農薬検査
第18章 特定成分の分析
 (1) 金属
 (2) ガス
 (3) その他
第19章 特定名称のある分析方法
第20章 音波
 (1) 音波の数学的な表現
 (2) 音の反射
 (3) 音の入射、反射、透過、屈折
第21章 音響用語・定義
第22章 デジベルの計算
 (1) デジベルの計算
 (2) A特性補正
 (3) パワーレベル
第23章 音場・音の伝搬
 (1) 音場・音の伝搬の基本事項
 (2) 点音源の計算
 (3) 線音源の計算
 (4) 面音源の計算
 (5) ドップラ効果
第24章 聴覚
第25章 室内音響
 (1) 室内音場
 (2) 吸音
 (3) 遮音
第26章 マイクロホン
 (1) マイクロホン
 (2) マイクロホン感度の計算
第27章 騒音計 
第28章 周波数分析
 (1) バンドパスフィルタと分析結果
 (2) スペクトル、雑音
第29章 波動
 (1) 波動
 (2) 地面の波動伝搬
 (3) うなり現象
 (4) 衝撃振動
第30章 振動量
 (1) 変位、速度、加速度の関係
 (2) 実効値、波高率
 (3) 振動レベル
第31章 1自由度の振動系
 (1) 1自由度系
 (2) 振動伝達率
 (3) 静的たわみ量と固有振動数
 (4) アナロジー
第32章 振動感覚
第33章 振動ピックアップ
 (1) サイズモ系

計量管理協会(ケイリョウカンリキョウカイ)