FORTRAN77による計算機プログラミング速習

FORTRAN77による計算機プログラミング速習

FORTRAN77を使い,できるだけ短期間に,効率よく実際のプログラムが組めることをねらいとしてまとめた。特に教科書に適。

ジャンル
発行年月日
1989/06/10
判型
B5
ページ数
124ページ
ISBN
978-4-339-02266-7
FORTRAN77による計算機プログラミング速習
在庫あり

定価

2,024(本体1,840円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

FORTRAN77を使い,できるだけ短期間に,効率よく実際のプログラムが組めることをねらいとしてまとめた。特に教科書に適。

第1章 ディジタル計算機の基礎概念
 1.1 計算機と計算機システム
 1.2 ソフトウェア
 1.3 数値の内部表現
 1.4 処理の流れ
第2章 FORTRANプログラムの基本構成 
 2.1 例題1:2つの実数の四則演算-1
 2.2 例題2:2つの実数の四則演算-2
 2.3 例題3:整数の乗除算
 練習問題
第3章 数値の取り扱いと算術式
 3.1 例題4:2次方程式を解くプログラム-1(簡略版)
 3.2 定数と変数
 3.3 算術代入文
 3.4 組込み関数
 練習問題
第4章 プログラムの流れを変える文
 4.1 例題5:ヘロン公式による三角形の面積計算
 4.2 論理IF文
 4.3 例題6:プログラム-5の部分変更
 4.4 ブロックIF
 4.5 例題7:2次方程式を解くプログラム-2(改訂版)
 練習問題
第5章 配列とDO文による処理の反復
 5.1 配列の概念ー1
 5.2 例題8:2つのn次元ベクトルの内積計算
 5.3 DO文とDOループの構成
 5.4 例題9:ソーティング
 5.5 配列の概念ー2
 練習問題
第6章 入出力の書式制御
 6.1 例題10:複利計算
 6.2 出力の書式制御
 6.3 入力の書式制御
 6.4 例題11:1からnの間の2つの整数の積の表の作成
 練習問題
第7章 FORTRAN77における文字処理
 7.1 例題12:文字模様の抽出
 7.2 文字処理のための諸機能
 7.3 例題13:単語の連結
 7.4 例題14:sin関数のグラフ
 練習問題
第8章 文関数と関数副プログラム
 8.1 例題15:台形公式による数値積分
 8.2 文関数
 8.3 例題16:台形公式による数値積分(関数副プログラムの例)
 8.4 関数副プログラム
 8.5 例題17:単語長を求める関数副プログラム
 練習問題
第9章 サブルーチン副プログラム
 9.1 例題18:ベクトル和の計算
 9.2 サブルーチン副プログラム
 9.3 例題19:行列の和を求めるサブルーチン
 9.4 例題20:台形公式による汎用数値積分プログラム
 9.5 例題21:COMMON領域によるプログラム単位間のデータ受け渡し
 練習問題
参考文献
練習問題解答
索引

宇土 顕彦(ウド アキヒコ)