32ビット マイクロプロセッサ

コンピュートロール 第16号

32ビット マイクロプロセッサ

半導体技術の進歩によってマイクロプロセッサの高性能化・高機能化が進み,近年は32ビットマイクロプロセッサの出現をみた。本号は本格的な普及期を迎えた32ビットチップの紹介と応用例をまとめた。

ジャンル
発行年月日
1986/10/10
判型
B5
ページ数
136ページ
ISBN
978-4-339-02035-9
32ビット マイクロプロセッサ
品切・重版未定

定価

3,080(本体2,800円+税)

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

半導体技術の進歩によってマイクロプロセッサの高性能化・高機能化が進み,近年は32ビットマイクロプロセッサの出現をみた。本号は本格的な普及期を迎えた32ビットチップの紹介と応用例をまとめた。

いんぷつと 森下巌
32ビットマイクロプロセッサの現状と動向 鈴木武夫
32ビットマイクロプロセッサの特徴と開発環境 田中秀一 岡部啓
TRINチップ 坂村健
T414(Inmos) 浦内伸 杉森亮二
MC68020(Motorola) 新島淳一
CLIPPER(Fzirchild) 大貫徹
V60(日本電気) 針谷尚夫 山畑均
80386(Intel) 高橋俊之
Series32000(National Semiconductor) 栗原敏雄
Series32000応用システム 松浦豊 橋本秀則
並列処理コンピュータへの応用 萩島茂直
エンジニアリング・ワークステーションへの応用 吉川徹男
ディジタル画像処理システムへの応用 天満勉
RISCアーキテクチャとHPPA 伊藤重雄
IBM6100ワークステーション 岡田久豊
あうとぷつと

矢田 光治(ヤダ コウジ)