土木施工法

標準土木工学講座 14

土木施工法

土工,岩石工,土質地盤の改良工,掘削工と基礎工,コンクリート工等の施工法の基礎事項について解説し,また各施工機械の特徴についても詳説した。

ジャンル
発行年月日
1982/10/20
判型
A5 上製
ページ数
272ページ
ISBN
978-4-339-05014-1
土木施工法
在庫僅少・カバーなし

定価

3,300(本体3,000円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

土工,岩石工,土質地盤の改良工,掘削工と基礎工,コンクリート工等の施工法の基礎事項について解説し,また各施工機械の特徴についても詳説した。

第1章 緒論
1.1 土木工学
1.2 地質的環境
  1.2.1 地形図
  1.2.2 地質図
  1.2.3 地質年代
1.3 建設機械
  1.3.1 原動機
  1.3.2 動力伝達機構
  1.3.3 走行駆動方式
  1.3.4 作業用動力伝達方式
  1.3.5 動力と仕事
  1.3.6 機械の経費と耐用年数
  1.3.7 機械償却費と損料
  1.3.8 機械の採択
第2章 土工
2.1 土の基本的性質
  2.1.1 土の生成と粘土鉱物
  2.1.2 土粒子
  2.1.3 土のコンシステンシー
  2.1.4 土の分類
2.2 土工
  2.2.1 掘削と積込み
  2.2.2 運搬
  2.2.3 敷きならしと締固め
  2.2.4 土量のバランス
  2.2.5 のり面の成形と保護
2.3 施工機械
  2.3.1 トラクタ系機械
  2.3.2 ブルドーザの作業能力
  2.3.3 スクレーパ系機械
  2.3.4 スクレーパの作業能力
  2.3.5 ショベル系機械
  2.3.6 ショベル系掘削機の作業能力
  2.3.7 積込機械
  2.3.8 トラクタショベルの作業能力
  2.3.9 その他の掘削・積込み機械
  2.3.10 運搬機械
  2.3.11 締固め機械
  2.3.12 しゅんせつ埋立用作業船
  2.3.13 土木機械の稼働率
第3章 岩石工
3.1 岩石と岩盤
  3.1.1 岩石
  3.1.2 岩盤
3.2 岩盤の施工
  3.2.1 機械式掘削
  3.2.2 せん孔
  3.2.3 明り爆破(明り発破)
  3.2.4 地下掘削
  3.2.5 コントロール爆破
  3.2.6 砕石骨材
第4章 土質地盤の改良工・掘削工と基礎工
4.1 地盤と土質
  4.1.1 地盤内応力
  4.1.2 地盤の沈下
  4.1.3 地盤の支持力
  4.1.4 地盤の耐震
4.2 地盤改良工
  4.2.1 改良工法の種類
  4.2.2 浅層地盤改良工法
  4.2.3 深層地盤改良工法
4.3 掘削工
  4.3.1 山止め工法
  4.3.2 推進工法
  4.3.3 シールド工法
4.4 基礎工
  4.4.1 打込みぐい工法
  4.4.2 埋設ぐい工法
  4.4.3 場所打ちぐい工法
  4.4.4 くいの支持力
  4.4.5 ケーソン工法
第5章 コンクリート工
5.1 コンクリートの基本的性質
  5.1.1 セメント
  5.1.2 骨材
  5.1.3 混和材料
  5.1.4 有害物
  5.1.5 配合
5.2 コンクリートの施工
  5.2.1 計量と混合
  5.2.2 運搬
  5.2.3 打設
  5.2.4 仕上げ・養生
  5.2.5 型わく
  5.2.6 支保工
  5.2.7 鉄筋工
5.3 コンクリートの特殊施工
  5.3.1 プレパックドコンクリート
  5.3.2 吹付けコンクリート
  5.3.3 RCD工法
参考文献
索引

米倉 亮三(ヨネクラ リョウゾウ)