目で見る画像圧縮 - VHSビデオテープ付き・17分 -

目で見る画像圧縮 - VHSビデオテープ付き・17分 -

これから画像圧縮技術を学ぼうとする読者や,実際にその開発に携わっている技術者を対象に,基礎から応用までをわかりやすく説明。特に,符号化処理の結果を豊富な写真と付属のビデオで説明し,「見てわかる」技術書となっている。

ジャンル
発行年月日
1998/07/30
判型
A5 箱入り
ページ数
130ページ
ISBN
978-4-339-00691-9
目で見る画像圧縮 - VHSビデオテープ付き・17分 -
在庫僅少

定価

5,500(本体5,000円+税)

カートに入れる

電子版を購入

購入案内

  • 映像情報メディア学会 丹羽高柳賞著述賞を受賞いたしました。
  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

これから画像圧縮技術を学ぼうとする読者や,実際にその開発に携わっている技術者を対象に,基礎から応用までをわかりやすく説明。特に,符号化処理の結果を豊富な写真と付属のビデオで説明し,「見てわかる」技術書となっている。

1 映像信号の基礎
 1.1 カラーテレビ信号の構造
 1.2 コンポジット信号とコンポーネント信号
 1.3 信号の標本化
2 符号化の基本
 2.1 基本構成
 2.2 符号化技術の分類
  2.2.1 コンポーネント符号化とコンポジット符号化
  2.2.2 予測符号化と直交変換符号化
  2.2.3 動き補償技術
  2.2.4 適応予測アルゴリズム
  2.2.5 外挿内挿(両方向)符号化
 2.3 視覚特性と量子化技術
  2.3.1 時間領域上での視覚特性
  2.3.2 周波数領域上での視覚特性
 2.4 符号化の全体の流れ
3 符号化によるひずみ
 3.1 概要
 3.2 標本化と量子化によるひずみ
  3.2.1 標本化によるひずみ
  3.2.2 量子化によるひずみ
 3.3 不可逆符号化によるひずみ
  3.3.1 時間解像度、空間解像度、階調解像度のトレードオフ
  3.3.2 予測符号化
  3.3.3 変換符号化
  3.3.4 ベクトル量子化
 3.4 符号化制御
 3.5 伝送誤り
 3.6 送受ミスマッチ
4 MPEG-2
 4.1 概要
 4.2 高度な動き補償技術
  4.2.1 フレーム構造での動き補償
  4.2.2 フィールド構造での動き補償
 4.3 スケーラビリティ(可変性)
  4.3.1 空間スケーラビリティ
  4.3.2 SNRスケーラビリティ
  4.3.3 データパーティショニング
  4.3.4 時間スケーラビリティ
 4.4 プロファイルとレベル
5 KDD開発の符号化システム
 5.1 これまでの開発の歴史
 5.2 多重通信符号化システム“MUCCS 45”
 5.3 第2世代多重通信符号化システム“MUCCS II” 
 5.4 EDTV-II用符号化システム“MUCCS EDTV”
 5.5 HDTV 符号化システム“HDCー45” 
 5.6 ビデオ・オーディオ蓄積伝送端末“VASTーp”
  5.6.1 帯域制限による符号化制御の基本原理
  5.6.2 プリフィルタ制御方式
  5.6.3 可変レート符号化制御の特徴
  5.6.4 可変符号化レート制御方式
 5.7 マルチチャンネル映像伝送システムMARCH
6 その他の符号化方式
 6.1 ITU 勧告
 6.2 ハードウェアが開発されたシステム
 6.3 新しい符号化方式
  6.3.1 サブバンド符号化とウェーブレット変換
  6.3.2 フラクタルを応用した符号化
7 むすび
 参考文献
 索引 

村上 仁己(ムラカミ ヒトミ)

松本 修一(マツモト シュウイチ)

和田 正裕(ワダ マサヒロ)