コンピュータネットワークとプロトコル - Computer Networks and Their Protocols -

コンピュータネットワークとプロトコル - Computer Networks and Their Protocols -

コンピュータネットワークとそのプロトコルについて,国際的な動向を踏まえながら,わが国の実情に合わせて翻訳・解説した。

ジャンル
発行年月日
1986/08/10
判型
A5 上製
ページ数
328ページ
ISBN
978-4-339-00491-5
コンピュータネットワークとプロトコル - Computer Networks and Their Protocols -
在庫僅少・カバーなし

定価

5,500(本体5,000円+税)

カートに入れる

購入案内

  • 内容紹介
  • 目次
  • 著者紹介

コンピュータネットワークとそのプロトコルについて,国際的な動向を踏まえながら,わが国の実情に合わせて翻訳・解説した。

第1章 コンピュータネットワーク
 1.1 コンピュータネットワークとそのサブシステム 
  [1] 通信サブシステム
 1.2 ネットワークプロトコル
  [1] プロトコルとインタフェース
  [2] プロトコルの階層化
 1.3 サブネットワークの構成
  [1] 伝送技術
  [2] 回線、パケットによる交換、多重化
 1
.4 コンピュータネットワークのユーザーの観点
  [1] 非互換性
  [2] ネットワーク情報システム
  [3] ネットワークジョブ制御言語
  [4] ネットワークアクセスマシン
 1.5 公衆データ通信網
  [1] 公衆データ網のCCITT勧告
  [2] 公衆データ網の長所
  [3] 公衆データ網の短所
 1.6 ネットワークトラヒックの情報源
  [1] 資金配送
  [2] 文書処理の拡充
  [3] 情報社会
 参考文献
第2章 パケット交換
 2.1 はじめに
 2.2 交換、集線、多重化
  [1] 多重化
  [2] 割付け要求形多重化
 2.3 蓄積交換
  [1] 誤り制御
  [2] 送達遅延
 2.4 パケット交換発生の発端
  [1] ランドレポート
  [2] 最初のパケット交換網
  [3] パケット
  [4] パケット交換、回線交換、メッセージ交換
 2
.5 パケット交換の基礎
  [1]  アドレシングとルーティング
  [2] 流量制御の必要性
  [3] メッセージ組立
  [4] パケット送受の順序
 2.6 バーチャルサーキット(仮想伝送路)
  [1] バーチャルコール
  [2] データグラムサービスの必要性
  [3] バーチャルコールの確率
  [4] 固定仮想伝送路(PVC)
 2.7 パケット網の特別なサービス機能
  [1] 送達確認
  [2] トレースパケット
  [3] エコー
  [4] ドロップ(廃捨)
  [5] 網状態の監視
  [6] 網診断センタ
  [7] 料金
  [8] 閉域ユーザグループ
 2.8 なぜパケット網なのか
  [1] 仮想的回線交換網
  [2] 統合網(ISDN)
 参考文献
第3章 フロー制御とふくそうの回避
 3.1 パケット網におけるフロー制御
  [1] リンクレベル、ノード間フロー制御
  [2] サヌネットレベルのフロー制御
  [3] ホストーノードのフロー制御
  [4] ホストーホストのフロー制御
  [5] プロセスープロセスのフロー制御
 3.2 ふくそう回避システム
  [1] ふくそうの原因
  [2] ふくそうの回避の方法
  [3] ふくそうからの回復
 参考文献
第4章 パケット通信方式
 4.1 はじめに
 4.2 パケット無線システム
  [1] 基本アロハシステム
  [2] スロット化アロハシステム
  [3] アロハシステムにおける再送信のタイミング
  [4] 衝突回避システム
  [5] 隠れた無線局の問題
  [6] 中継器を用いたパケット無線
 4.3 サテライトシステム
  [1] マルチアクセス方式
 4.
4 パケットケーブルシステム
 4.5 複合システム
 参考文献
第5章 通信網プロトコルとインタフェース
 5.1 序論
  [1] プロトコル
  [2] プロセス
  [3] プロトコルのインプリメンテーション
  [4] プロトコルの構造
 5.2 リンクレベルプロトコル
  [1] フレーム構造
  [2] 誤り訂正
  [3] 交互ビットプロトコル
 5.3  ハイレベルデータリンク制御手順
  [1] ウインドウ機構
  [2] 局、コマンド、レスボンス
  [3] 動作モード
  [4] フレーム拒否
  [5] その他の非番号制フレーム
  [6] 手順のクラス
  [7] 情報転送および誤りの回復
  [8] 両方向へのデータの流れ
 5
.4 X25インタフェース
  [1] X25の構成
  [2] パケットレベル
  [3] 呼設定と開放
  [4] データ転送とフロー制御
  [5] リセットとリスタート手順
  [6] オプショナルユーザファシリティ
  [7] リンクレベル
  [8] 物理レベルインタフェース
 5.5 プロトコル設計の統一的考え方
  [1] プロトコル検証
  [2] プログラム検査技術
  [3] 有限状態遷移図
 参考文献
第6章 ハイレベルプロトコル
 6.1 ホストコンピュータから見たコンピュータネットワークの構成
  [1] リモートアクセス
  [2] 分散アクセス
  [3] 分散処理
 6.2 トランスポートサービス
  [1] トランスポートインタフェース
  [2] トランスポートインタフェースプリミティブ
  [3] トランスポートプロトコル
 6.3 トランスポートプロトコル
  [1] プロトコル機能
  [2] リエゾンの確率
  [3] メッセージ転送とリエゾンの維持
  [4] サービスパラメータ
  [5] リエゾンの終結
  [6] 割込み機能とリセット
  [7] データグラム
 6.4 トランスポートサービスより上位のプロセス
  [1] 端末プロトコル
  [2] ファイル転送とファイルアクセス
  [3] リモートジョブエントリープロトコル
 6.5 分散処理
  [1] プロセスの階層構成
  [2] プロセス間通信のメカニズム
 参考文献
第7章 通信網における端末
 7.
1 公衆網における端末
  [1] PAD
  [2] CCITT勧告X3
  [3] CCITT勧告X28 
  [4] CCITT勧告X29
 7.2 仮想端末
  [1] 仮想端末の概念
  [2] 仮想端末のデータストラクチャ
 7.3 仮想端末プロトコル
  [1] 端末ー仮想端末間プロトコル
  [2] システムー仮想端末間プロトコル
  [3] マスタスレーブ(主従)関係
 参考文献
第8章 メッセージ認証
 8.1 データ保護と認証の必要性
 8.2 データ暗号化規格
 8.3 個人の関する確認
  [1] 知識の基づく確認
  [2] 物理的な鍵による確認
  [3] 個人的な特徴による確認
 8.4 一方向性関数とその応用
  [1] 秘密の鍵の交換に対する一方向性関数の利用
 8.5 メッセージとユーザの認証
  [1] 機密性のないメッセージ認証
  [2] ユーザ認証
  [3] 論争の問題
 8.6 公開鍵暗号系と認証への利用
  [1] 公開鍵暗号方式における認証
  [2] RSA公開鍵暗号方式
 参考文献
索引

D.W. デーヴィス(ディーダブリュー デーヴィス)

富永 英義(トミナガ ヒデヨシ)

塚田 啓一(ツカダ ケイイチ)

小野 欽司(オノ キンジ)