書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 化学・化学工学  / 化学一般  / 化学一般  > プラスチック・繊維材料のきほん

書籍詳細

現場で役立つ   プラスチック・繊維材料のきほん
- 4色刷 -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

中村允 和歌山県工業技術センター 博士(工学) 編著

橘熊野 群馬大助教 博士(工学) 編著

解野誠司 和歌山県工業技術センター 博士(工学) 著

前田拓也 和歌山県工業技術センター 著

廣芝伸哉 東北大助教 博士(工学) 著

山下宗哲 和歌山県工業技術センター 博士(工学) 著

発行年月日:2010/12/10 , 判 型: B5,  ページ数:176頁

ISBN:978-4-339-06618-0,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

ジャンル:

プラスチック・繊維材料の特徴,用途,鑑別方法など,商品開発や商取引をするために必要不可欠な基礎知識を,営業や製造現場で参考書として使えることを原則に,図と写真を多用し,イメージで理解できるようにした。本文4色刷。

【目次】

1章.プラスチックのきほん
1.1 身の回りのプラスチック 
1.1.1 プラスチックの定義と基本的性質
1.1.2 プラスチックの種類と特徴・用途
1.1.3 ゴムとエラストマー
1章.プラスチックのきほん
1.1 身の回りのプラスチック 
1.1.1 プラスチックの定義と基本的性質
1.1.2 プラスチックの種類と特徴・用途
1.1.3 ゴムとエラストマー
1.2 性能を変えるための添加剤と強化剤 
1.2.1 プラスチックに必要な性能を与えるために
1.2.2 添加剤,強化剤の種類と特徴
1.2.3 相乗作用と拮抗作用
1.3 プラスチック材料選びと成形加工 
1.3.1 カタログデータ
1.3.2 成形加工
1.3.3 法規制と製品規格
1.3.4 生産コストと製造例
 
2章.繊維のきほん
2.1 身の回りの繊維
2.1.1 繊維とは
2.1.2 種類と特徴・用途
2.2 素材から繊維製品へ 
2.2.1 紡糸時に行う方法
2.2.2 染色加工
2.2.3 その他の着色法
2.2.4 付加価値を与える加工工程
2.2.5 より高度な付加価値を与える機能加工
2.2.6 糸と繊維製品

3章.必ず起こる劣化と破壊
3.1 劣化と破壊 
3.1.1 劣化とは何か
3.1.2 劣化・破壊の現象
3.1.3 劣化・破壊のメカニズム
3.2 劣化・破壊の要因
3.2.1 劣化・破壊はなぜ起こる?
3.2.2 繊維製品の劣化
3.2.3 劣化・破壊への対策
3.3 評価方法・破壊解析 
3.3.1 劣化の調査手順
3.3.2 分析機器の利用

4章. 製品表示と材料鑑別
4.1 製品表示 
4.1.1 プラスチックの表示
4.1.2 繊維の表示
4.2 簡易鑑別
4.2.1 非破壊で簡易鑑別する方法
4.2.2 破壊して簡易鑑別する方法
 
引用・参考文献

イメージがつかめる図・写真(フルカラー)が満載!現場必携のマニュアルです!!

本書の見本ページです(見本.pdf)。

【おすすめ本】

【書評・広告掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。