書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > 検索結果

検索結果

ジャンル : 機械工学 >> 流体工学 >> 流体力学で検索した結果、 【15件】見つかりました。
表示順:  昇・降:  表示件数:
1 - 15件目を表示 <前ページ 1|次ページ>
書名(下線部をクリックすると詳細表示へ進みます)  定価   発行年月日 

圧縮性流体力学・衝撃波

佐宗章弘 著

圧縮性流体力学は,圧力波と流れの相互作用を捉える学問であり,シンプルに美しく体系化されており,衝撃波はその象徴である。原理はシンプルだがその適用範囲は奥深い。本書では,丁寧に式を展開し,確実に理解できるよう解説した。

  4,644円 2017/03/27

数値計算による流体力学 ポテンシャル流,層流,そして乱流へ

岡本正芳 著

本書は,完全流体のポテンシャル流,乱流とその数値計算法の内容とその間を埋める層流解析から構成。解ける方程式は解析的に解くことを意識し,さらに数値計算方法においても数学的に記述して,その理解につなげることを重視した。

  3,672円 2017/01/06

複素流体力学ノート 理想流体の基礎から粘性流への展開

新井紀夫 著

複素流体力学は理想流体に関するものであるが,粘性流におけるせん断流を渦度の集まりと見なすことで,粘性流も表せるようになる。本書では,流れの物理的意味を再確認していきながら,複素流体力学で粘性流のモデル化を導いていく。

  2,052円 2012/10/26

流体の力学 現象とモデル化

大場謙吉 著 / 板東潔 著

本書は,流体力学の基礎概念を理解し,その知識を実際の問題に適用する基礎力を養うことを目的とする。粘性流体・完全流体・圧縮性流体を扱い,現象をどのようにモデル化し,そのモデルをどのように数式で表すかに重点を置いている。

  3,672円 2006/11/06

流体の力学  (機械系 教科書シリーズ  15 )

坂田光雄 著 / 坂本雅彦 著

流体の力学を初めて学ぶ学生のための入門書として,わかりやすくかつ基本的な理論体系を崩さないように配慮した。各章ごとに何を学ぶのかを明確にし,章末には重要ポイントを示した。また,演習問題を設け,詳細な解答をつけている。

  2,700円 2002/12/26

反応系の流体力学

植田利久 著

反応系流体は,熱による影響や非ニュートン性の影響など特有の性質をもっている。本書では単成分系の熱流体力学について述べ,これを発展させて多成分系の流体運動の取り扱いなどについて解説する。また乱流やカオスについても触れる。

  2,700円 2002/11/18

大学院のための 流体力学

中林功一 著 / 鬼頭修己 著

流体工学技術者としての専門家を目指そうとする大学院のための教科書。回転流体の力学,乱流,カオスについて,数学と流れの物理現象と力学とを結びつけて,その本質を簡潔明瞭に把握するコツを身につけさせるための工夫を施した書。

  3,024円 2002/08/01

流れの力学 基礎と演習

松岡祥浩 著 / 青山邑里 著 / 児島忠倫 著 / 應和靖浩 著 / 山本全男 著

複雑で多様な流れの力学について,数多くの問題演習により難解なこの科目を把握させる。各章ごとに基礎的事項を記し,続いて演習問題を基礎から応用まで幅広く網羅した。そのすべてに懇切な解説を施し,効率的に理解できる。

  4,104円 2001/05/10

非ニュートン流体力学

中村喜代次 著

本書は非ニュートン流体力学の入門書で,機械工学を学ぶ学生のみでなく,他分野の技術者にも本質が理解できるよう基礎に重点をおき,平易に解説した。また,シミュレーションにはどのような数式を用いるのがよいかにも言及した。

  2,484円 1997/09/30

流体の力学

須藤浩三 著 / 長谷川富市 著 / 白樫正高 著

本書は,従来の水力学と流体力学の内容を整理・統合し,学習内容を精選した初学者向けの教科書である。数式に過度に頼らず,現象の説明に重点を置き,直観的に理解できるように工夫して,できるだけ平易に要点を解説した。

  3,780円 1994/09/30

流体力学の基礎(2)  (機械系 大学講義シリーズ  14 )

中林功一 著 / 伊藤基之 著 / 鬼頭修己 著

(1)巻に続き,大学の機械工学系学科の標準的な教科書として,流体力学における種々の基礎式をその力学的な意味と導出過程にポイントをおいて説明し,適宜例題を配して理解が深まるよう工夫した。

  2,484円 1993/07/20

流体力学の基礎(1)  (機械系 大学講義シリーズ  13 )

中林功一 著 / 伊藤基之 著 / 鬼頭修己 著

大学の機械工学系学科の標準的な教科書として,流体力学における種々の基礎式をその力学的な意味と導出過程にポイントをおいて説明し,適宜例題を配して理解が深まるよう工夫した。各項目は学年進行にあわせ系統的に並べ(2)に続く。

  2,376円 1993/03/25

低速風洞実験法

進藤章二朗 著

航空機の開発に際しては,計算機による理論的計算を行い,さらに風洞実験を行って設計・製作をする。本書は,風洞実験法における基礎的技術を詳細にまとめ,新しい技術・知識を取り入れて,実際の実験で十分利用できるよう配慮した。

  2,700円 1992/08/20

流体力学(1)  (標準機械工学講座  11 )

大橋秀雄 著

機械工学専門者に必要な基本的流れにつき水力学的内容から空気力学的内容まで広く取り上げ諸情況下における「流体の力学的挙動」を記述。特に流体力学の基本的諸関係を誘導後,主に非圧縮性ポテンシャル流れを詳述。

  2,376円 1982/12/10

流体力学(2)  (標準機械工学講座  23 )

白倉昌明 著 / 大橋秀雄 著

流体力学の中の粘性や圧縮性のある流れ,非定常な流れについて詳述。実用的で数式の理解を助ける図面も豊富。〔内容〕粘性のある流れ・レイノルズ数の大きい粘性流れ・圧縮性のある流れ・非定常な流れ。

  3,132円 1969/04/05
1 - 15件目を表示 <前ページ 1|次ページ>