書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > 検索結果

検索結果

ジャンル : 生命科学・農学で検索した結果、 【64件】見つかりました。
表示順:  昇・降:  表示件数:
46 - 60件目を表示 前ページ 12345次ページ
表紙 書名(下線部をクリックすると詳細表示へ進みます)  定価   発行年月日 
植物工学概論

植物工学概論  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  4 )

森川弘道 著 / 入船浩平 著

植物細胞の構造や機能,種々の遺伝子導入法,遺伝子の発現様式の概要を解説している。さらに,筆者らの研究テーマの一つである植物バイオや遺伝子操作により,自然環境に役立つ大気汚染好性植物をつくることについても記した。

在庫あり

  2,592円 1996/10/15
微生物資源工学

微生物資源工学

千田佶 編著

微生物プロセスはエネルギー消費が少なく,環境にやさしいため,微生物は鉱物やエネルギー資源を扱う分野においても極めて重要な役割を担っている。本書はこれらの分野を対象に微生物学の基礎から応用までを述べたものである。

在庫僅少

  2,916円 1996/09/30
生物生産機械ハンドブック

生物生産機械ハンドブック

農業機械学会 編

日本農業の変革や農業機械と利用技術の発展に即し,従来の「農業機械ハンドブック」の面目を一新させた。多岐にわたる生物生産関連機械の研究・開発・設計を集大成し,バイオテクノロジー,水産および林業も加え広範な内容を目指した。

在庫あり

  27,000円 1996/02/20
遺伝子ターゲッティングの基礎と応用

遺伝子ターゲッティングの基礎と応用

緒方靖哉 編著 / 村上浩紀 編著

本書では,各種生物分野における遺伝子ターゲッティング技術について解説し,進展の著しいこの技術の利用の現状と将来の展望についても言及している。さらに,この技術に対応する法の役割,考え方および将来の方向性も示した。

在庫あり

  3,564円 1995/12/10
酵素工学概論

酵素工学概論  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  8 )

田中渥夫 著 / 松野隆一 著

生体触媒としての酵素の優れた特性を有効に利用する方法について,化学工学の立場からわかりやすく解説した。おもに有用化合物の生産における生体触媒の応用例と,その有効利用に必要な基礎概念を紹介している。

在庫あり

  3,240円 1995/10/30
スケーリング:動物設計論

スケーリング:動物設計論 動物の大きさは何で決まるのか

K.シュミットニールセン 著 / 下澤楯夫 監訳

この地球上には実にさまざまな動物がいるのに,ネズミのような形をした象がいないのはなぜか。動物の大きさや形は何で決まるのか。本書は,比較生理学とバイオメカニクスの視点から動物という機械の設計原理を探る。

品切

  4,536円 1995/07/20
生物生産と生体防御

生物生産と生体防御

緒方靖哉 編著 / 村上浩紀 編著 / 松山宣明 編著 / 河原畑勇 編著 / 矢野友紀 著

本書は,比較生体防御学といった観点からまとめられ,生体防御の進化を概観するためのよい手引書となる。さらに,他の生物の生体防御因子の遺伝子を導入した新規産業用生物を造り上げる情報も得られるよう配慮している。

在庫僅少・カバーなし

  4,752円 1995/07/20
蛋白質工学概論

蛋白質工学概論  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  9 )

渡辺公綱 著 / 小島修一 著

蛋白質工学で必要とされる遺伝子操作技術を詳細に解説した。さらに,蛋白質に対する理解を深めるため,蛋白質の構造や諸性質の解析法についても多くのページをさいた。また実際の改変例や将来の展望についても言及した。

在庫あり

  3,456円 1995/07/20
バイオテクノロジーのためのコンピュータ入門

バイオテクノロジーのためのコンピュータ入門  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  11 )

中村春木 著 / 中井謙太 著

現在蓄積されつつある膨大で複雑な生命情報を整理,解読する技術は,生物学と情報科学の学際領域であり,バイオテクノロジーをさらに進展させる鍵となる。本書は,ネットワークなど最新の技術も含め,広く解説した。

在庫あり

  4,104円 1995/03/20
細胞工学概論

細胞工学概論  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  3 )

村上浩紀 著 / 菅原卓也 著

動物細胞の培養を行うにあたって必要となる基本的な設備・機器,また,実際の培養で注意すべき点について平易に解説した。さらに動物細胞の高密度培養法・細胞融合法等の応用技術や,細胞機能の検討法についても詳しく解説を加えた。

在庫あり

  3,132円 1994/12/20
バイオミメティクス概論

バイオミメティクス概論  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  15 )

黒田裕久 著 / 西谷孝子 著

生体の分子が持つ機能を有機化学・無機化学の手法を用いて再現しようとするバイオミメティクスについて,「分子認識」,「人工酵素」,「人工膜」などの実例を挙げながら,その考え方,分子設計の手法,応用について説明した。

在庫あり

  3,240円 1994/02/15
バイオセパレーション

バイオセパレーション  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  14 )

古崎新太郎 著

バイオ生産物の分離に関するテキストである。前工程,バイオ単位操作――抽出,吸着,クロマトグラフィー,晶析,電気泳動,膜分離など――の設計と操作について記した。また,製品化工程,生化学物質の分離の実際を述べた。

在庫あり

  2,484円 1993/07/30
生物生産機械学

生物生産機械学

木谷収 編著

農業,畜産業,水産業,バイオテク産業など生物生産に用いられる機械について,生物を直接対象とする機械および栄養・薬剤,水・空気,土壤,エネルギー,環境にそれぞれ関係する機械に分けて,原理,構造,機能を中心に解説した。

在庫僅少・カバーなし

  3,996円 1993/05/20
免疫学概論

免疫学概論  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  6 )

野本亀久雄 著

ばく大な表現様式を含む免疫学の分野をバイオ研究開発の対象として把握し,適切な方向性をさぐる参考となるよう,より生産的な観点からまとめた。既知の事象の理解のみならず,基礎研究の展開,実用課題への取組みも紹介した。

在庫あり

  3,780円 1992/11/25
応用微生物学

応用微生物学  (バイオテクノロジー教科書シリーズ  7 )

谷吉樹 著

有用微生物の工業的利用に関して,その発展の歴史,基礎となる微生物分類,生理,遺伝および生化学について述べてある。ついで,各種の生産プロセスをはじめとする微生物利用技術の現状を体系的に紹介した。

在庫あり

  2,916円 1992/07/20
46 - 60件目を表示 前ページ 12345次ページ