書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 科学一般  / 新コロナシリーズ  / 新コロナシリーズ  > 切手で見る輸血と献血

書籍詳細

新コロナシリーズ 17)

  切手で見る輸血と献血

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

河瀬正晴 姫路赤十字血液センター 著

発行年月日:1992/09/25 , 判 型: B6,  ページ数:170頁

ISBN:978-4-339-07667-7,  定 価:1,258円 (本体1,165円+税)

輸血と献血という重要な問題を,血液とは何か,血液型,輸血と献血,輸血による弊害など,血液事業について著者の永年の経験からまとめたもの。さらに,血液に関する世界の郵便切手を豊富に紹介して血液事業の歴史も紹介した。

【目次】

1. 血液とは何か
  神秘なるもの血液
 血液循環の話
 血液の成分
  ○赤血球とは何
1. 血液とは何か
  神秘なるもの血液
 血液循環の話
 血液の成分
  ○赤血球とは何
  ○白血球とは何
  ○血小板とは何
  ○血漿とは何
 人工血液はできるのか
2. 血液型について
 血液型の発見
 Rh式血液型の発見
 動物の血液型
 血液型は変化するのか
 血液型は何種類あるのか,また,同じ血液型の人は存在するのか
 ABO式血液型と性格判断
3. 輸血とは
 瀉血と輸血の起こり
 輸血の始まり
 人類最初の輸血はいつ行われたのか
 動物の血液の輸血から人の血液の輸血へ
 人から人への輸血
 血液凝固阻止剤(抗凝固剤)の開発と保存血液の誕生
 輸血用血液の種類
 輸血用血液の保存容器
 輸血セット
 血漿増量剤
 補液・輸液
 血漿分画製剤
 日本における輸血の始まり
4. 献血とは
 血液事業とは
 血液銀行の誕生
 世界の血液銀行の実情
 日本の血液銀行の推移
 血液センターの役割
  ○献血申込み
  ○採血(献血)
  ○血液の検査
  ○血液製剤の製造と保存
  ○血液製剤の供給
  ○血漿分画製剤の製造と供給
5. 輸血による弊害
 輸血によってうつる病気
  ○梅毒
  ○マラリア
  ○輸血後肝炎
  ○成人T細胞白血病(ATL)
  ○エイズ(後天性免疫不全症候群=AIDS)
  ○輸血後移植片対宿主病(GVHD)
6. 吸血鬼日本(買血国日本)
 日本における血漿分画製剤の生い立ち
 血漿分画製剤の加熱処理(パスツリゼーション)
 血友病と血液凝固因子製剤
 血漿分画製剤の適正使用
7. これからの血液事業はいかにあるべきか
本文の写真解説(本文中の切手1~165についての説明)
参考文献

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。