書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > 検索結果

検索結果

著者 : 山内兄人で検索した結果、 【5件】見つかりました。
表示順:  昇・降:  表示件数:
1 - 5件目を表示 <前ページ 1|次ページ>
表紙 書名(下線部をクリックすると詳細表示へ進みます)  定価   発行年月日 
性差の人間科学

性差の人間科学

山内兄人 著

からだと脳には性差がある。それは男女の生殖機能の違いによるものであり,人間の行動や社会生活の中に様々な形で現れる。本書はからだ,脳,こころ,行動,病気,さらに衣食住における性差について考えるための入門書である。

在庫あり

  2,808円 2008/09/25
ホルモンの人間科学

ホルモンの人間科学

山内兄人 著

からだの働きはホルモンによって調子が整えられ,ストレスから守られている。本書ではからだの中でのホルモンの役割と内分泌器官の構造と働きについて詳しく解説した。好評の既刊「脳の人間科学」の姉妹本である。

在庫僅少

  2,916円 2006/03/20
女と男の人間科学

女と男の人間科学  (ヒューマンサイエンスシリーズ  8 )

早大人間総合研究センター 監修 / 山内兄人 編著

生まれ育った文化の違いは,生物としての女と男に,好き嫌い,しぐさの違いを生じさせて,ヒトとしての女と男をつくりあげる。本書は生物学,心理行動学,民俗社会学,スポーツ科学の立場から女と男を楽しくながめ論じたものである。

在庫あり

  1,836円 2004/01/08
脳の人間科学

脳の人間科学

山内兄人 著

生まれてから死ぬまで,われわれの脳がからだの営みを如何にうまくコントロールしているか,脳の構造とともにわかりやすく解説。人間科学,スポーツ,心理学,看護学,福祉等を学ぶ人は勿論,一般の人にも面白く読める脳の入門書。

在庫あり

  2,592円 2003/10/03
性を司る脳とホルモン

性を司る脳とホルモン  (ヒューマンサイエンスシリーズ  1 )

早大人間総合研究センター 監修 / 山内兄人 編著 / 新井康允 編著

地球上の動物の多くには雌と雄の二つの性があり,それぞれ異なった個体にその機能が備わっている。本書では,哺乳類の脳における生殖行動の制御機構とその性分化に関して,それぞれ先端の基礎研究と臨床研究を紹介した。

在庫あり

  1,836円 2001/02/15
1 - 5件目を表示 <前ページ 1|次ページ>