書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

  情報技術の人間学
- 情報倫理へのプロローグ -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

電子情報通信学会 編・発行

笠原正雄 京都工繊大名誉教授・大阪学院大名誉教授 工博 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2007/02/20 , 判 型: B5,  ページ数:160頁

ISBN:978-4-88552-219-2,  定 価:2,808円 (本体2,600円+税)

一般的なインターネットを背景としたコンピュータ犯罪,著作権侵害などの事例紹介や関連する法律の解説ではなく,よりベーシックな立場に立って,過去一世紀以上の電気系関連学問の発展に軸足を置いて,「情報倫理」を解説した。

【目次】

Part1 技術と人間
1 技術に向かう基本姿勢
2 技術、そして工学倫理
3 技術史に学ぶ技術への姿勢
4 人間とは何か-ヒトとシンボル-
Part1 技術と人間
1 技術に向かう基本姿勢
2 技術、そして工学倫理
3 技術史に学ぶ技術への姿勢
4 人間とは何か-ヒトとシンボル-
5 人間とは何か-[科学的人間]からの考察-

Part2 情報技術の人間学
6 情報技術発展への道
7 現代、そして将来の社会生活を支える情報通信技術
8 コミュニケーション空間の源流―ヒトはコミュニケーションの世界へ
9 情報技術のコミュニケーション空間への影
10 情報技術がもたらすシンボルの変容

Part3 コンテンツ、そして技術
11 コンテンツの発展
12 コンテンツ問題の背景にあるもの
13 コンテンツ保護への道
14 コンテンツ発展への道

【おすすめ本】

【書評・広告掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。