書名で キーワードで

詳細検索 >>

書籍詳細

臨床工学技士のための   医用計測技術

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

吉田徹 元東京電子専門学校 著

発行年月日:1979/04/30 , 判 型: A5,  ページ数:258頁

ISBN:978-4-339-07059-0,  定 価:3,240円 (本体3,000円+税)

医学と工学の境界領域にある医用計測技術について,臨床工学技士を志す人達のために,理論よりは実際に役立つ技術を中心に,写真や図面を豊富に挿入し平易に解説した。

【目次】

1. 生体現象測定法
 1. 心電図
  1.1 心電図平面
  1.2 前平面心電図
  1.3 双極四肢誘導前平面心電図の測定
1. 生体現象測定法
 1. 心電図
  1.1 心電図平面
  1.2 前平面心電図
  1.3 双極四肢誘導前平面心電図の測定
  1.4 単極四肢誘導前平面心電図の測定
  1.5 前平面軸誘導
  1.6 前平面電極配置
  1.7 横平面心電図
  1.8 心電図測定の手法
  1.9 心電図の解説
  1.10 心電計、モニタの例
 2. 血圧と血流
  2.1 直接血圧測定法
  2.2 間接血圧測定法
  2.3 間接式比較血圧測定法
  2.4 血流測定法
  2.5 心臓出力(心拍出量)
  2.6 血液量
 3. 呼吸および体温
  3.1 生理学的考察
  3.2 呼吸運動
  3.3 呼吸流量
  3.4 呼吸量
  3.5 呼吸ガスモニタ
  3.6 体温
 4. 脳波
  4.1 正常脳波の特性
  4.2 脳波用電極
  4.3 脳波記録装置(脳波計)
  4.4 脳波記録パターン(モンタージュ)
  4.5 特殊な脳波記録方法
  4.6 深部電極
  4.7 脳波の応用
  4.8 異常脳波の性質
  4.9 患者脳波の意図的変形(賦活法)
 5. 誘発皮質反応
  5.1 誘発活動電位
  5.2 微小電極による測定法
  5.3 入力中和増幅
  5.4 雑音減少策ー平均化
  5.5 代表的な誘発反応
  5.6 エレクトロレチノグラム
  5.7 各種誘発電位
 6. 刺激、筋電図、神経伝導
  6.1 刺激
  6.2 刺激分離
  6.3 強さー期間曲線
  6.4 筋力学
  6.5 筋電図
  6.6 随意筋動作に伴う筋電図
  6.7 電気刺激中の筋電図
  6.8 H波
  6.9 神経伝導
  6.10 繰返し刺激
  6.11 平滑筋電位
  6.12 誘発電位検査装置による測定
2. 測定法および測定機器
 7. 測定法の概要
 8. 電極
  8.1 電極オフセットの電位
  8.2 電極オフセットの電位の性質
  8.3 他の電極特性
  8.4 再使用可能表面電極
  8.5 使い捨て表面電極
  8.6 針電極
  8.7 電極の接着
  8.8 刺激用電極
  8.9 各種電極の比較
 9. 医用機器の安全性
  9.1 安全性に関する内外の動向、規格、基準
  9.2 電気ショック(電撃)閾値
  9.3 電気ショックに対する安全対策ー各種漏れ電流
  9.4 設備の安全対策
  9.5 誘電電流
  9.6 電気メスと除細動
 10. トランスデューサおよび装置
  10.1 医用トランスデューサ(センサ)の特長、問題点
  10.2 抵抗形トランスデューサの原理
  10.3 不平衡ホイートストンブリッジ
  10.4 不平衡ホイートストンブリッジを用いた実際のトランスデューサ装置
  10.5 ACおよびCDブリッジ式装置
  10.6 変位トランスデューサ
  10.7 観血式血圧トランスデューサ
  10.8 非抵抗形トランスデューサ
  10.9 機械的でない量のトランスデューサ
 11. 増幅器
  11.1 電極とともに用いられる差動増幅器
  11.2 同相排除比
  11.3 入力抵抗
  11.4 入力防御
  11.5 入力電流
  11.6 ダイナミックレンジ、DCオフセットおよび回復特性
  11.7 雑音およびドリフト
  11.8 各種生理用増幅器
 12. 信号処理装置、演算増幅器
  12.1 生理信号に対する最適の帯域幅
  12.2 帯域幅限界による増幅器雑音の減少
  12.3 増幅器の低周波応答の制限
  12.4 電源周波数排除
  12.5 信号平均化による雑音減少
  12.6 演算増幅器
  12.7 演算増幅器の応用
  12.8 演算増幅器を用いた積分と微分
 13. オシロスコープ
  13.1 オシロスコープの構成
  13.2 オシロスコープ垂直増幅器
  13.3 オシロスコープ水平増幅器、掃引発振器
  13.4 オシロスコープCRT表示
  13.5 モニタオシロスコープの例
 14. グラフィックレコーダ
  14.1 グラフィックレコーダの構成 
  14.2 種々のグラフィックレコーダ
  14.3 記録方式
  14.4 書込み方式
  14.5 市販の種々のレコーダ
 15. 磁気テープレコーダ
  15.1 磁気テープレコーダの用途・記録方式
  15.2 直接式磁気記録法
  15.3 間接式FM磁気テープ記録法
  15.4 テープ送り機構
  15.5 その他の磁気テープレコーダに関する考慮事項
  15.6 市販されている医用テープレコーダ
 16. データ伝送と処理
  16.1 シールドケーブルによるデータ伝送
  16.2 テレメータリングによるデータ伝送
  16.3 時分割多重化
  16.4 医用データ処理装置
  16.5 可変プログラム形計算機
 17. 集中治療の概念
  17.1 集中治療中に監視される生理機能
  17.2 集中治療用測定器
付録
 1. dB表示について
 2. CR回路について(時定数)
 3. ME用各種前置増幅器の性能仕様
 4. ME用オシロスコープの垂直軸増幅器性能仕様
参考文献
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。