書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 環境・エネルギー  / 環境  / 環境一般  > 環境の汚染とヒトの健康

書籍詳細

  環境の汚染とヒトの健康
- 健康のリスクをどう防ぐ -

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

森澤眞輔 京大名誉教授 工博 著

発行年月日:2011/11/30 , 判 型: A5,  ページ数:188頁

ISBN:978-4-339-06622-7,  定 価:2,592円 (本体2,400円+税)

ジャンル:

まだ発生していない悪影響を想定し,未然に防ぐ――リスク工学を長年研究してきた著者が,有害な化学物質や放射線によって引き起こされる,ヒトの健康への影響に注目し,その評価および管理のあり方,方法についてまとめた一冊。

【目次】

1. 環境リスク管理の基本課題
1.1 リスクとはなにか 
1.2 リスクの考え方はなぜ必要か 
1.3 どんな環境リスクがあるか 
1.4 どんな悪影響が問題なのか 
1. 環境リスク管理の基本課題
1.1 リスクとはなにか 
1.2 リスクの考え方はなぜ必要か 
1.3 どんな環境リスクがあるか 
1.4 どんな悪影響が問題なのか 
1.5 リスク管理になぜあいまいさが避けられないのか 
1.6 どんなあいまいさがあるのか 
1.7 リスク管理と危機管理,どう違うか
1.8 リスクは減らせるか 
1.9 ゼロリスクは可能か 
1.10 リスク管理が必要な領域は 
1.11 生涯死亡リスク10-6は管理可能か 
1.12 ハザード管理では不十分か 
1.13 リスクは予見可能か 

2. 健康リスクはどのように評価されているか
2.1 健康リスク管理の枠組み 
2.2 健康リスク評価の枠組み 
2.3 モデルの役割:モデルは信用できるか 
2.4 結果から原因を推定する:リスク評価の順と逆 
2.5 健康リスク評価・管理のエンドポイント:集団のリスクと個人のリスク 
2.6 基準値設定の考え方 
2.7 基準値の意味:基準値が満たされていれば安全か 
2.8 異なる健康リスクの比較は可能か 
2.9 リスクを管理するのは誰か 

3. 健康リスクの評価事例
3.1 健康リスク評価の実行 
3.2 放射性降下物による健康リスク 
3.3 農薬DDTの禁止政策と健康リスク 
3.4 鉛による健康リスク
3.5 鉛による幼児・小児の健康リスク 
3.6 ガソリン政策の変遷と健康リスク

4. 新たな健康リスク評価への取り組み
4.1 新しいリスク評価の枠組み
4.2 異なるリスク源による健康リスクの比較・統合
4.3 数理発がんモデルの可能性:健康リスク評価に使えるか
4.4 複合曝露による健康リスクの評価
4.5 論理的議論のために:ブラックボックスの排除

5. 健康リスク管理の将来像
5.1 健康リスクの管理戦略 
5.2 リスク管理の守備範囲:想定内リスクと想定外リスク 
5.3 健康リスク管理の制度化 
5.4 究極の健康リスク管理
5.5 バイオアッセイの導入:包括的な健康リスク管理の可能性
5.6 リスク管理は有用か

おわりに 
参考文献
索引

【おすすめ本】

【書評・広告掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。