書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 電気・電子工学  / 信号処理  / ディジタル信号処理  > 信号と処理(上)

書籍詳細

電子・通信・情報の基礎コース 4)

  信号と処理(上)

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

石井六哉 横浜国大教授 工博 著

発行年月日:2008/01/21 , 判 型: A5,  ページ数:192頁

ISBN:978-4-339-01354-2,  定 価:2,592円 (本体2,400円+税)

フーリエ変換を基礎にして,アナログ信号処理の理論からディジタル信号処理の基礎までを多くの例題を用いて,上,下巻を通し一貫した流れで解説。上巻ではアナログ信号から線形信号処理システム,離散信号とサンプリング定理を扱う。

【目次】

1. アナログ信号について
1.1 フーリエ変換
1.2 フーリエ変換の例
1.3 二つの関数の関係とフーリエ変換
1.4 フーリエ級数展開
1. アナログ信号について
1.1 フーリエ変換
1.2 フーリエ変換の例
1.3 二つの関数の関係とフーリエ変換
1.4 フーリエ級数展開
1.5 フーリエ変換とフーリエ級数展開の関係
1.6 因果関数について
1.7 ラプラス変換

2. アナログの線形信号処理システム
2.1 線形システム
2.2 ラプラス変換による回路解析
2.3 システムの安定性
2.4 フーリエ変換による回路解析
2.5 ラプラス変換による回路解析と,フーリエ変換による回路解析の関係
2.6 典型的なシステムおよび周波数変換
2.7 実現できるシステムと周波数変換

3. 離散信号とサンプリング定理
3.1 離散信号のフーリエ変換
3.2 サンプリング定理
3.3 z 変換
3.4 逆z 変換の計算方法
3.5 離散信号のフーリエ変換とz 変換の関係
3.6 離散的な2 信号のフーリエ変換とz 変換

付録
付録1.1 フーリエ変換の性質
付録1.2 フーリエ変換対の例
付録1.3 ヒルベルト変換の性質
付録1.4 ヒルベルト変換対の例
付録1.5 ラプラス逆変換について
付録1.6 ラプラス変換の基本公式
付録1.7 ラプラス逆変換表
付録1.8 ヒルベルト変換の導出
付録2.1 最小位相推移回路の伝達関数の振幅と位相のヒルベルト変換の関係
付録3.1 離散信号のフーリエ変換
付録3.2 z 変換の性質
付録3.3 z 変換
付録3.4 離散信号のフーリエ変換対
引用・参考文献
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。