書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME > 検索結果

検索結果

ジャンル : 情報工学 >> プログラミング・言語 >> 言語工学(コンパイラ、言語論)で検索した結果、 【8件】見つかりました。
表示順:  昇・降:  表示件数:
1 - 8件目を表示 <前ページ 1|次ページ>
表紙 書名(下線部をクリックすると詳細表示へ進みます)  定価   発行年月日 
実践コンパイラ構成法

実践コンパイラ構成法  (電子通信情報系コアテキストシリーズ  C-1 )

滝本宗宏 著

本書は,実践的にコンパイラを学ぶことができる教科書である。コンパイラを記述するプログラミング言語にはOCamlという関数型言語を採用した。また,目的コードには多くのPCで動作確認ができるようにx64コードを採用した。

在庫あり

関連資料

  3,024円 2017/07/25
プログラミング言語論

プログラミング言語論  (コンピュータサイエンス教科書シリーズ  4 )

大山口通夫 著 / 五味弘 著

本書はプログラミング言語に関する最も基本的事項であるプログラミングパラダイムと構文および意味論について概説し,特にC言語とJavaについてのプログラミング言語の意味論に焦点を当て,その有効性に重点をおいて解説した。

在庫あり

レビュー

  3,132円 2008/03/13
コンパイラ

コンパイラ  (コンピュータサイエンス教科書シリーズ  8 )

中田育男 監修 / 中井央 著

本書はコンパイラの構成方法について,Yacc/Lexによる実際に動作可能なプログラムを用いて解説。字句解析,構文解析,意味解析,実行時環境,コード生成を説明の後,簡単なコンパイラの作成例について具体的に述べている。

在庫あり

  2,700円 2007/07/06
超並列処理コンパイラ

超並列処理コンパイラ  (コンピュータ数学シリーズ  20 )

村岡洋一 著

超並列処理計算機のために,プログラムをコンパイルするためのアルゴリズムと,その理論的背景について,基本から応用まで詳しく説明した。

在庫僅少

  2,484円 1990/08/20
コンパイラの理論

コンパイラの理論  (コンピュータ数学シリーズ  10 )

大山口通夫 著

コンピュータプログラム変換に必要なコンパイラを普遍的かつ一般的な事項に焦点をおいて記述。また,目的コードをつくる際の説明については,Algol系の言語を想定して解説した。

在庫あり

  2,376円 1989/09/20
簡易言語の選び方/使い方

簡易言語の選び方/使い方  (パソコンプラクティカルシリーズ  1 )

矢矧晴一郎 著

パソコン用の簡易言語は,数多く市販されている。この簡易言語を総合的な広い視野で比較し,その特色を解説した。またそれぞれの簡易言語をとりあげて,入力,出力,処理内容などの使い方も説明している。

品切・重版未定

  1,728円 1983/08/30
プログラム作成技術

プログラム作成技術  (情報処理入門講座  6 )

金田弘 著

初心者が良いプログラムを作るため必要な技術を平易に記述。特にプログラムを実際に電算機にかけて実行する場合の手順を詳述し,実用上問題のないプログラムの作り方を示している。

在庫僅少

  1,782円 1980/09/20
プログラム理論

プログラム理論

伊藤貴康 著

計算機のプログラムに関する理論的方法を記述した最初の成書。情報工学,ソフトウェア技術に携わる人達に新しい理論と手法を提供。〔内容〕プログラムの表現法・正当性・意味論・自動作成・代数的手法ほか

品切・重版未定

  3,132円 1975/02/28
1 - 8件目を表示 <前ページ 1|次ページ>