書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 情報工学  / 情報数学  / オートマトン・計算理論  > 応用オートマトン工学

書籍詳細

  応用オートマトン工学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

西野哲朗 電通大教授 理博 著

若月光夫 電通大助教 博士(工学) 著

後藤隆彰 電通大特任助教 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2012/02/18 , 判 型: A5,  ページ数:174頁

ISBN:978-4-339-02459-3,  定 価:2,376円 (本体2,200円+税)

有限個の状態間遷移を表現するモデルである有限オートマトンについて,その理論に基づく,コンパイラ,機械学習,機械翻訳,情報検索,画像圧縮,暗号などへの応用を「応用オートマトン工学」と呼び,その理論と応用の一部を解説。

【目次】

1. オートマトン理論
1.1 オートマトンと形式言語
1.1.1 オートマトン
1.1.2 形式言語
1.2 有限オートマトン
1. オートマトン理論
1.1 オートマトンと形式言語
1.1.1 オートマトン
1.1.2 形式言語
1.2 有限オートマトン
1.2.1 正則言語
1.2.2 等価性
1.2.3 等価性判定アルゴリズム
1.2.4 状態対の等価性判定
1.2.5 有限オートマトンの最簡形
1.3 非決定性有限オートマトン
1.3.1 部分集合構成法
1.3.2 ε-動作をもつ非決定性有限オートマトン
1.4 正則表現
1.4.1 有限オートマトンから正則表現への変換
1.4.2 正則表現から有限オートマトンへの変換
1.5 正則言語と正則文法
1.5.1 形式文法
1.5.2 正則文法
1.5.3 文脈自由文法
章末問題

2. コンパイラ
2.1 プログラミング言語
2.1.1 高水準プログラミング言語と低水準プログラミング言語
2.1.2 プログラミング言語の歴史
2.2 コンパイラの概要
2.2.1 コンパイラとは
2.2.2 コンパイラの構成
2.3 字句解析
2.3.1 字句解析の概要
2.3.2 正則表現
2.3.3 正則表現から有限オートマトンへの変換
2.3.4 字句解析処理系の実現
2.4 構文解析
2.4.1 構文解析の概要
2.4.2 プログラミング言語と構文解析
2.4.3 下向き構文解析
章末問題

3. 文法学習
3.1 はじめに
3.2 小鳥の音声コミニュケーション
3.2.1 ジュウシマツの歌
3.2.2 人間の言語との共通点
3.2.3 歌の階層構造
3.3 k 可逆言語
3.3.1 k 可逆オートマトン
3.3.2 k 可逆言語の学習アルゴリズム
3.4 ジュウシマツの歌への適用
3.4.1 チャンクの構成
3.4.2 バウトデータの切分け
3.4.3 ノイズの除去
3.4.4 繰返し構造の圧縮
3.4.5 可逆度の設定
3.5 ジュウシマツの歌文法抽出
3.5.1 歌文法抽出アルゴリズム
3.5.2 適用例
3.6 おわりに
章末問題

4. 画像圧縮
4.1 はじめに
4.2 複素ベクトル空間
4.2.1 2 次元テンソル積ベクトル空間
4.2.2 2n 次元テンソル積ベクトル空間
4.3 量子セルオートマトン
4.3.1 量子コンピュータの数理モデル
4.3.2 1 次元古典セルオートマトン
4.3.3 1 次元量子セルオートマトン
4.4 デジタル画像データの圧縮
4.4.1 画像圧縮の概念
4.4.2 画像圧縮の基本的な考え方
4.5 実験結果
4.5.1 先行研究の検証
4.5.2 圧縮率およびPSNR の比較
4.5.3 ログファイルのサイズ
4.6 おわりに
章末問題

引用・参考文献
章末問題解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。