書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 生命科学・農学  / 生命科学  / 生物学  > 培養細胞による治療

書籍詳細

  培養細胞による治療

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

HowardGreen ハーバード大名誉教授 M.D. 著

大和雅之 東京女子医大教授 博士(理学) 訳

… 著者ホームページです

発行年月日:2017/12/18 , 判 型: B6,  ページ数:136頁

ISBN:978-4-339-06755-2,  定 価:1,620円 (本体1,500円+税)

ジャンル:

培養細胞がどのように作られ,これまでにどのような治療に使われてきたかなどについて,世界で最初に培養細胞を用いてヒト臨床を行った,いわば再生医療の父であるとともに,細胞生物学の父でもある著者が自身の経験も合わせて解説。

【目次】

1. 細胞培養の黎明期
 外植片培養
 細胞培養への移行
 培養細胞の栄養要求性
 培養細胞の利用
1. 細胞培養の黎明期
 外植片培養
 細胞培養への移行
 培養細胞の栄養要求性
 培養細胞の利用
2. ケラチノサイトの培養の始まり
3. 火傷の治療
 真皮の再生
 産業の役割
 哲学的省察
 培養の支持体としてのフィブリン
4. ケラチノサイトの幹細胞としての性質を定義する
 幹細胞決定因子としてのp63
5. 他人の培養表皮細胞による処置
6. 目の病気の処置
 目の治療におけるフィブリンの利用
7. 遺伝子治療
8. 培養軟骨細胞による治療
9. 胚性幹細胞による治療の将来性
 培養ヒト胚性幹細胞からケラチノサイトを作る間のマーカーの継承
 NOD細胞の起源
 生後のケラチノサイトとヒトES細胞由来のケラチノサイトの違い
 HPV16のE6E7遺伝子の導入の効果
最後の哲学的内省

参考文献
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。