書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 河川工学・海岸工学  / 海岸工学  > 沿岸域工学

書籍詳細

土木・環境系コアテキストシリーズ D-4)

  沿岸域工学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

川崎浩司 (株)ハイドロソフト技術研究所 執行役員兼研究開発センター長 博士(工学) 著

発行年月日:2013/05/11 , 判 型: A5,  ページ数:218頁

ISBN:978-4-339-05630-3,  定 価:3,024円 (本体2,800円+税)

海岸工学は,海岸のみならず内湾も含む広範囲の海域を対象に体系化され,空間的には,陸域と海域の影響を強く受ける沿岸域を対象としている。本書では,防災面と海域環境面の複眼的な視点から,沿岸域の今後のあるべき姿を解説した。

【目次】

1. 沿岸域工学概論
1.1 沿岸域工学とは
1.2 海岸の地形と現状
1.3 沿岸域に関連する法規
1.4 沿岸域の防災
1. 沿岸域工学概論
1.1 沿岸域工学とは
1.2 海岸の地形と現状
1.3 沿岸域に関連する法規
1.4 沿岸域の防災
1.5 沿岸域の環境
演習問題

2. 海の波の基本特性
2.1 波の基本諸量
2.2 波の分類
 2.2.1 時間スケールによる波の分類
 2.2.2 空間スケールによる波の分類
2.3 波の基礎方程式
 2.3.1 連続式
 2.3.2 ベルヌーイの式
 2.3.3 自由表面での境界条件
 2.3.4 底面での境界条件
2.4 微小振幅波
 2.4.1 基礎方程式
 2.4.2 微小振幅進行波の速度ポテンシャルと分散関係式
 2.4.3 波速と波長
 2.4.4 水粒子の速度と軌跡
 2.4.5 圧力
 2.4.6 深海波・浅海波・極浅海波の違い
2.5 波エネルギーとその輸送
 2.5.1 波エネルギー
 2.5.2 群波と群速度
 2.5.3 波エネルギーの輸送
2.6 有限振幅波
演習問題

3. 波の変形
3.1 波の変形の分類
3.2 浅水変形
 3.2.1 波高変化と浅水係数
 3.2.2 波長・波速の変化
3.3 波の反射
 3.3.1 完全重複波
 3.3.2 部分重複波と反射率
3.4 波の屈折
 3.4.1 波高変化と屈折係数
 3.4.2 屈折係数の算定
3.5 波の回折
3.6 砕波
 3.6.1 砕波形式
 3.6.2 砕波限界
 3.6.3 波高と平均水位の変化
3.7 流れによる波の変形
演習問題

4. 風波の特性と波浪推算
4.1 不規則波と代表波
4.2 波高・周期の分布
 4.2.1 波高の分布
 4.2.2 周期の分布
4.3 エネルギースペクトル
 4.3.1 周波数スペクトル
 4.3.2 波数スペクトルと方向スペクトル
4.4 風波の発生・発達
4.5 風波の推算
 4.5.1 吹送時間と吹送距離
 4.5.2 深海域における風波の推算
演習問題

5. 長周期波と津波・高潮
5.1 長周期波の理論
 5.1.1 基礎方程式
 5.1.2 微小振幅波
 5.1.3 有限振幅波
5.2 潮汐
 5.2.1 起潮力
 5.2.2 潮位の調和分解
 5.2.3 潮位の基準面
5.3 港・湾の海面振動
5.4 津波
 5.4.1 津波の発生機構
 5.4.2 津波の伝播
 5.4.3 津波の高さ
 5.4.4 津波の解析
5.5 高潮
 5.5.1 高潮の特性
 5.5.2 台風による気圧分布
 5.5.3 台風による風速分布
 5.5.4 高潮の解析
演習問題

6. 沿岸海域の流れ
6.1 沿岸海域における流れの分類
6.2 海流
6.3 潮流
6.4 海浜流
 6.4.1 平均水位
 6.4.2 沿岸流
 6.4.3 離岸流
 6.4.4 波による質量輸送と戻り流れ
6.5 吹送流
6.6 密度流
 6.6.1 河口密度流
 6.6.2 成層海域の安定性
 6.6.3 内部波と内部セイシュ
演習問題

7. 波と沿岸構造物
7.1 物体に作用する波力
 7.1.1 波力と波圧
 7.1.2 慣性力と付加質量
 7.1.3 抗力
7.2 円柱構造物に作用する波力
 7.2.1 小口径円柱に作用する波力とモリソン式
 7.2.2 大口径円柱に作用する波力
7.3 直立堤に作用する波圧
7.4 斜面上における被覆材の安定性
7.5 波の打ち上げと越波
演習問題

8. 漂砂と海浜変形
8.1 海浜形状
 8.1.1 海浜の平面形状
 8.1.2 海浜の岸沖方向の断面形状
8.2 漂砂
 8.2.1 底質の移動限界
 8.2.2 漂砂形態
 8.2.3 漂砂量の算定
8.3 海浜変形予測モデル
 8.3.1 海岸線変化モデル
 8.3.2 海浜変形モデル
演習問題

9. 沿岸域の水環境と生態系
9.1 沿岸域の物質循環と生態系
9.2 海岸地形と生態系
 9.2.1 干潟
 9.2.2 藻場
9.3 沿岸域の水環境
 9.3.1 海水交換
 9.3.2 栄養塩と富栄養化
 9.3.3 赤潮
 9.3.4 貧酸素水塊の形成
 9.3.5 青潮
9.4 沿岸域の物質輸送・生態系モデル
演習問題

10. 沿岸域の保全・利用・環境創造
10.1 沿岸域の保全・利用
 10.1.1 沿岸構造物の構造形式
 10.1.2 沿岸構造物の設置目的
 10.1.3 港湾埋没・河口閉塞対策
 10.1.4 アセットマネジメント
10.2 沿岸域の環境創造
10.3 環境影響評価
10.4 ミチゲーション
10.5 沿岸域に及ぼす地球温暖化の影響
演習問題

引用・参考文献
演習問題解答
索引

【おすすめ本】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。