書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 水理学  / 水理学  > 水文学

書籍詳細

土木・環境系コアテキストシリーズ D-2)

  水文学

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

風間聡 東北大教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2011/10/07 , 判 型: A5,  ページ数:176頁

ISBN:978-4-339-05628-0,  定 価:2,376円 (本体2,200円+税)

ジャンル:

水文学は,水に関する広範囲な内容と関連するが,本書では,水循環,蒸発散,降水,地表流,地中流出,貯蓄,確率統計水文学,水資源の考え方などについて,実務に役立つ基本的事項に絞り,全体像がつかめるよう分かり易く解説した。

【目次】

1.水の循環
1.1 水の役割  
1.2 グローバル水循環  
1.3 メソスケール水循環  
1.4 さまざまな水文量  
1.水の循環
1.1 水の役割  
1.2 グローバル水循環  
1.3 メソスケール水循環  
1.4 さまざまな水文量  
演習問題  

2.蒸発散
2.1 蒸発散とは  
2.2 水収支と熱収支  
2.2.1 水収支  
2.2.2 熱収支  
2.2.3 水蒸気量  
2.3 蒸発散モデル  
2.3.1 バルク法  
2.3.2 渦相関法  
2.3.3 ペンマン・モンティース式  
2.3.4 平衡蒸発量  
2.3.5 ソーンスウェイト式とハモン式  
2.4 遮断蒸発  
2.5 蒸発散の観測  
演習問題 

3.降水
3.1 降水とは  
3.2 雲過程  
3.2.1 上昇流と雲の発生  
3.2.2 雨滴と氷滴のでき方  
3.2.3 大気の不安定  
3.3  降雨と降雪の特徴  
3.4  降水の観測  
3.4.1 流域降水量  
3.4.2 降水量の観測 
演習問題 

4.地表流
4.1 流出の基礎  
4.1.1 さまざまな流出  
4.1.2 流量の表記  
4.1.3 有効降雨  
4.2 流量の観測  
4.3 流出モデル  
4.3.1 流出モデルの分類  
4.3.2 合理式  
4.3.3 単位図法  
4.3.4 応答関数  
4.3.5 貯留関数法  
4.3.6 タンクモデル  
4.3.7 キネマティックウェイブモデル  
4.3.8 流出モデルの性能評価  
演習問題  

5.地中流出
5.1 地中流の成分  
5.1.1 土壌水分  
5.1.2 土壌層  
5.2 飽和流  
5.2.1 不圧地下水と被圧地下水  
5.2.2 ダルシー式  
5.2.3 ポテンシャル流  
5.2.4 準一様流  
5.3 不飽和流  
■ リチャーズ式  
5.4 浸透  
5.5 地中流の観測  
5.6 地下水資源の問題  
演習問題 

6.貯留
6.1 貯留とは  
6.2 自然貯留  
6.2.1 積雪と融雪  
6.2.2 地中水  
6.2.3 湖沼  
6.3 人工貯留  
6.3.1 ダムと貯水池  
6.3.2 貯留施設の区分  
6.3.3 水田  
6.4 貯留の問題点  
演習問題 

7.確率統計水文学
7.1 確率統計水文学の歴史  
7.2 頻度分析  
7.2.1 ヒストグラム  
7.2.2 確率密度関数と分布関数  
7.2.3 リターンピリオド  
7.2.4 さまざまな分布関数  
7.2.5 分布関数の選定  
7.2.6 その他の頻度分析  
7.3 時系列分析  
7.3.1 時系列データの成分分類  
7.3.2 確定成分  
7.3.3 確率成分  
演習問題  

8.水資源の考え方
8.1 水資源とは  
8.1.1 水資源の問題  
8.1.2 河川法  
8.2 水紛争  
8.3 親水性  
8.4 水の質の問題  
8.4.1 汚染場  
8.4.2 汚染物質  
8.4.3 塩水問題  
8.5 地球規模の問題  
8.5.1 温暖化  
8.5.2 砂漠化  
8.5.3 水の市場化  
演習問題  

付録1 リモートセンシング  
付録2 乱流拡散  
付録3 気温減率  
付録4 水理学の基礎  
付録5 毛管現象と浸透能  
付録6 確率密度関数の母数推定  
引用・参考文献  
演習問題解答  
索引  

【おすすめ本】

【書評・広告掲載情報】

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。