書名で キーワードで

詳細検索 >>

HOME  > 土木工学  / 測量  / 測量  > 測量学Ⅱ

書籍詳細

環境・都市システム系 教科書シリーズ 12)

改訂    測量学Ⅱ

▼ 目次を読む

▼ 目次をたたむ

岡林巧 第一工大教授 博士(工学) 著

堤隆 鹿児島高専教授 博士(工学) 著

山田貴浩 福島高専准教授 博士(工学) 著

田中龍児 第一工大准教授 博士(工学) 著

… 著者ホームページです

発行年月日:2014/04/30 , 判 型: A5,  ページ数:208頁

ISBN:978-4-339-05525-2,  定 価:2,808円 (本体2,600円+税)

ジャンル:

本書は高専および大学の授業で学ぶ内容を平易に解説し,『改訂 測量学Ⅰ』と併せ測量学の基礎が習得できるようにした。改訂にあたり,多角測量の章を追加し,GNSS測量への対応や最近の測量士・測量士補試験への対応も考慮した。

【目次】

1. 三角測量
i.1 三角点の配置と配列
1.2 三角点の選点と造標
1.3 角の偏心補正
1.3.1 三角点に測量器械が据え付けられない場合の偏心補正
1. 三角測量
i.1 三角点の配置と配列
1.2 三角点の選点と造標
1.3 角の偏心補正
1.3.1 三角点に測量器械が据え付けられない場合の偏心補正
1.3.2 三角点を視準できない場合の偏心補正
1.4 四辺形の調整
1.4.1 四辺形の角条件に対する調整
1.4.2 四辺形の辺条件に対する調整
演習問題

2. 多角測量
2.1 多角測量方式 の種類
2.1.1 単路線方式
2.1.2 結合多角方式
2.1.3 閉合多角方式
2.2 作業順序
2.2.1 計画 ・ 準備
2.2.2 踏査 ・ 選点
2.2.3 測量標の設置
2.2.4 観測
2.2.5 平均計算
2.2,6 成果品の整理
2.3 観測方程式
2.4 多角網厳密平均 の計算式
2.4.1 水平角の観測方程式
2.4.2 距離の観測方程式
2.4.3 水平角と距離の平均計算
演習問題

3.1 路線の線形
3.2 線形の構成要素
3.3 単心曲線
3.3.1 名称 ・記号
3. 路線測量
3.3.2 単心曲線の基礎式
3.3.3 曲線半径に関する基準
3.3.4 単心曲線の設置法
3.4 クロソイ ド曲線
3.4.1 クロソイドの要素と性質
3.4.2 クロソイド曲線の設置
3.5 縦断曲線
3.5.1 縦断曲線に関する各種の基準
3.5.2 縦断曲線の設置
演習問題

4. 河川測量
4.1 平面測量
4.1.1 距離標置測量
4.1.2 細部測量
4.2 高低測量
4.2.1 水準基標測量
4.2.2 定期縦断測量
4.2.3 定期横断測量
4.2.4 深浅測量
4.2.5 河川の水位
4.3 流量測定
4. 3 .1 流速と流玉
4. 3 . 2 流速計測法
4. 3 .3 浮き測法
4. 3 .4 堰測法
演習問題
5. 地 形 測 量

5.1 縮 尺
5.2 大縮尺の地形測量の手順
5.2.1 計 画
5.2.2 踏査・選点
5.2.3 骨組測量
5.2.4 細部測玉
5.2.5 地形・地物の表示
5.2.6 整飾
5.3 小・中縮尺の地形図
5.3.1 小・中鯨尺の地形測量の方法
5.3.2 地図の投影
5.3.3 座標系
5.4 地理情報 システム (GIS)
5.4.1 地理情報システムの概要
5.4.2 地理情報システムの機能
5.4.3 地理情報システムのデータ
5.5 トータルステーシ ョンによる地形測量
5.5.1 トータルステーション
5.5.2 トータルステーションによる細部測量
演習問題

6. 写真測量
6.1 写真測量の手順
6.2 写真画面のひずみ
6.3 実体視
6.3.1 写真測玉における実体視
6.3.2 実体 視 の原 理
6.3.3 実体 視 の方 法
6.3.4 視差による高低測量
6.3.5 視差差による高低測量
6.3.6 視差差の測定
演習問題

7. GNSSの構成
7.1.1 GNSS衛星
7.1.2 コントロール局
7.1.3 受信 ・解析装置
7.2 GNSSによる測位方法
7.2.7 単独測位
7.2.2 相対測位
7.3 GNSS測量で得 られ る地盤高
7.4 誤差を与える要因
7.5 基準点測量におけるGNSS測量
7.5.1 測位方法の適用
7.5.2 新点の選定要件
7.5.3 観測作業における注意事項
7.6 地形測量におけるGNSS測量
7.6.1 測量の方法
7.6.2 TS点の設置方法
7.6.3 細部測量の方法
演習問題

8. リモー トセンシング
8.1 リモー トセ ンシング とは
8.1.1 リモー トセンシングの定義と特徴
8.1.2 リモー トセンシングの歴史
8.2 観測方式 とリモー トセ ンサ
8.2.1 リモー トセンシングの観測方式
8.2.2 プラットフォームの種類と用途
8.3 電磁波の特性とリモー トセンシングの関係
8.3.1 電磁波の雀類とリモー トセンサの対応
8.3.2 分光反射特性
8.3.3 電磁波の放射特性
8.4 衛星画像のデータ形式
8.4.1 CEOS形式
8.4.2 TIFF形式
8.4.3 GeoTIFF形式
8.4.4 エンデイアン形式
8.5 衛星画像の特徴
8.5.1 可視 ・近赤外センサ画像
8.5.2 SAR画像
8.6 リモー トセ ンシングの応用
8.6.1 植生域への応用
8.6.2 水域への応用
8.6.3 地質学への応用
8.6.4 標高計測への応用
8.6.5 地上距離計測への応用
演習問題

引用・参考文献
演習問題解答
索引

在庫は時期によりまして変動することがございますので、ご了承ください。